未分類

前澤友作氏が10万円を1000人に配布。【金配りおじさん】


金配りおじさんという言葉がツイッタートレンドになっていたのでこれについて書いていきます。

前澤氏が10万円を1000人に配布

前澤氏はツイッターのフォロワーが700万人行けば10万を1000人に配ると言い、お金を配付した。

ツイッターで金配りおじさんとして話題になっています。10万を1000人なので合計1000万もの金額です。

そして既に前澤氏は750万人以上のフォロワーを獲得しています。

今度はフォロワー800万人を越えればお金を配ると言っています。

個人的には、ユーザーを楽しませる前澤さんはエンターテイナーだなと思うし、流石だなぁと。

金バラマキは巧妙なマーケティング戦略

SNSのフォロワーは現代の資産のようなものなので、1000万でフォロワーを買っているとも言えます。

さらにニュース等にも取り上げられ世間の話題をかっさらうことが出来ます。

全て前澤氏の思う壺なんですよね。ちゃんとリターンも考えています。

ただ単にばら蒔いているだけではなくて、巧妙なマーケティング戦略とも言えます。

今の時代、現金よりも影響力や信用の方が価値があるので1000万ばら蒔いても余裕で回収できると考えているのでしょう。

前澤さんの10万円が当たる確率は7000人に1人程度なのでかなり倍率は高めであると言えます。

当たった人は第二の給付金みたいなものなのでラッキーですね。

 

前澤氏はお金を配る理由として「事業作り」を上げている。

事業の為には多くの人の声や注目を集める必要があるとこのこと。