プログラミングの独学初心者は何から勉強すれば良い?

未分類

スキルアップや趣味でプログラミングをやってみようか。と悩む方が最近増えています。プログラミングは根気が必要で、プログラミング入門者の方がいきなりプログラミングをするのはハードルが高いです。プログラミング入門しようとしても、プログラミングはやったことがないから難しそうと感じる人もいますが、心配はいりません。

プログラミング入門者の方でも諦めずに正しい方法や情報を知って取り組めば、プログラミングが出来るようになります。プログラミングを始めるためには、目標を設定する事が大切です。プログラミングを学ぶ事でどうなりたいのか?をイメージしないと、途中で挫折してしまうことになります。 そこで、今回はプログラミング入門者の方でもステップアップできる学習方法、プログラミングを仕事にするための方法についてお伝えします。

1. そもそもプログラミングとは?

プログラミングとは、パソコンや機器を動作させるためコードを書く作業のことです。今見ているWebウェブサイトもHTMLというコードが元になっています。今の世の中の全てのwebサイトはHTML、CSSが元となっています。HTMLやCSS、Rubyを学んで使いこなせるようになれば自分のwebサイトやwebサービスを作ることが出来ます。自分のwebサイトを持つことが出来れば、アフィリエイトサイトやECサイトなどの運営などのビジネスをすることも出来るので、便利ですよね。

2. プログラミングを学ぶステップ

プログラミング入門者の方が、プログラミングを学ぶステップは下記の通りです。

・開発したいものが何かを考える

あなたはプログラミングをする事でどんなサービスを作ってみたいですか?どんなサービスを作ってみたいかを明確にする事が大事です。例えばスマホアプリを作りたいのか、webサイトを作りたいのかでも学ぶ言語は変わります。どんなプログラミング言語を学べば良いのか、下記に記載します。

・プログラミング言語を決める

web関連のアプリを作りたい方はruby on rails、HTML、cssを学びましょう。スマホアプリを作りたい方はswiftやpythonを学びましょう。メーカーで物作りがやりたい方はC、C++、java、pythonあたりを学びましょう。自分の行きたい分野や興味のある分野の言語をまずは一つマスターしましょう。何故一つかと言うと、他の言語も基礎は共通している部分が多いからです。

プログラミングスクールに通えば、課題を出されますし、周りもプログラミングをやる人が多いので、切磋琢磨してスキルアップを目指すことが出来ます。プログラミング入門者の方がプログラミングスクールに通って、スキルを身につけ、ITエンジニアとして転職を決めるケースも多いです。

3. プログラミングの知識をつけるおすすめの書籍

プログラミング入門者の方が、プログラミングの知識をつけるためのおすすめ書籍を以下に紹介します。

タイトル:Webとプログラミングのきほんのきほん

ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん

この本はプログラミング入門者の方でWebプログラミングを学んでみようと思った方にぴったりです。PHPとJavaScriptを例にしながら、他のプログラミング言語にも共通する部分について詳しく解説しています。どんな言語でも通用する仕組みを理解することで、新しい言語を学ぶ際も短時間で習得できます。プログラミング入門者がプログラミングを学ぶ最初の本としておすすめの一冊です。

4.プログラミングの腕を磨くには実践が大切

プログラミング入門者はプログラミングの腕を磨くには実践が大切です。実践して分からないところを考えて、自ら手を動かして解決することでプログラミングの腕を磨いて行くことが出来ます。具体的にはコードの書き方を参考書やサイトを見て、コードを書いていきます。

プログラミングは理論を学んで論理的に理解することも大事ですが、実践して間違って学んで行くのも大事です。何故なら、プログラムを書いて、動作をさせ、動作内容を確認してデバッグして自分で何が出来ていないかを考える事がプログラミング上達までの近道だからです。progateの場合は、実践して学んで行くスタイルが取れるのでおすすめです。

5.おすすめのプログラミングスクール

Skill Hacks

Skill Hacksはアプリケーション開発を学べるプログラミングスクールです。

スクールの運営者は有名インフルエンサーの迫さんで、大学生の受講者が多くなっています。

オンラインかつ動画で学ぶことができるので挫折する心配もありません。



タイトルとURLをコピーしました