未分類

音声配信のおすすめはどこが良い?ラジオで稼ぐ方法

インフルエンサーの人が音声配信を押していますよね。

音声メディアは海外ではトレンドになっており2020年から市場が大きくなります。

これから音声配信を始めたい人におすすめのプラットフォームを紹介します。

音声配信のメリット

音声配信のメリットは以下です。

・スマホだけで出来て手軽

・顔出ししなくて良い。

・言葉に熱量が乗る

・市場が伸びている。

・ブログやSNSと相性が良い

音声メディアによる配信の一番のメリットはなんといっても手軽ということです。

スマホに向かって数分喋るだけでコンテンツが完成してしまいます。

ブログを書くことに疲れてきた時とか散歩がてらに録音できるので圧倒的に効率が良いのです。

youtubeのように顔出しをする必要もないので、身バレなどのリスクも少ないです。

声は文章よりも感情や熱量を乗せやすいのがメリットでユーザーによく伝わります。

音声メディアは市場自体も非常に伸びており、今から参入しておくと稼ぎやすくなります。

 

音声配信におすすめのプラットフォーム

ラジオトーク

ラジオトークはタグを付けて拡散したり効果音を入れたりできます。

年齢層は若い人が多いですが、お笑い芸人とかビジネス系の発信をしている人など様々な人がいます。

ラジオトークの利点は軽くて収録&アップロードするのがラクだということです。

コメントは出来ないようになっていますが、リアクションという形でいいね通知が届きます。

spoon

spoonは韓国で生まれたラジオ配信アプリですが、年齢層が学生とかかなり低いイメージです。

その為、弾き語りとかイケボとか若い人向けのコンテンツが受けやすい傾向があります。

私もビジネスとして使っていたことがありますが、いいねが付きやすく意外とユーザーの反応が取れます。

配信を続けていくとFANという形でフォロワーが増えます。

一応、投げ銭という形で収益化機能も付いています。

standFM

standFMはインフルエンサーのマナブさんが使っていますよね。

オシャレかつ高機能で非常に使いやすいのですが、少し重いのが難点ですね。

ビジネスの人も多くて、フォロワーも結構増えやすいと感じています。

ライブ配信には投げ銭の機能も付いています。

音源をTwitterなどで拡散できるので、SNSとも非常に相性が良いです。

himalaya

himalayaは中国で人気の配信アプリです。

利用者が多く、フォロワーが増えたら有料配信もできます。

ややデザインが微妙だと感じたので私は使っていません。

voicy

ボイシィは配信者になるためには審査が要ります。

インフルエンサーやビジネス系の人が多く配信しています。

ちなみに私はvoicyの審査は通りませんでした(笑)

配信するよりどちらかというと聴いて学ぶラジオプラットフォームといった感じです。

note

noteは基本的には文章をアウトプットする媒体ですが、音声を投稿することもできます。

利用者はそこそこ多く、ラジオ音声を投稿している人もチラホラ居るのでおすすめです。

noteは記事に値段を付けることができるので、音声コンテンツを販売することも可能です。

 

音声配信で稼ぐにはどうすれば良いのか?

音声配信で稼ぐには以下を意識しましょう

・ジャンルを決める

・役に立つ発信をする

・分かりやすく話す

・実績を作る

・配信頻度を上げる。

 

ラジオプラットフォームにはだいたい投げ銭とかポイントを換金する機能があります。

ただ相当人気が出なければ投げ銭やポイントを集めて稼ぐのは難しいと思います。

ブログのように広告やアフィリエイトがあれば良いのですが、マネタイズが弱いのが難点ですね。

概要欄にURLを貼って自社商品やオンラインサロンに繋げていくという使い方も考えられます。

ブログやSNSで実績がある人なら最初からリスナーが集まりやすいです。

 

音声配信で稼ぎたければビジネス(価値提供)を意識して発信していきましょう。

ジャンルもかなり重要でなるべくテーマを統一するようにする。

なるべく配信頻度を多くすることで固定のファンやフォロワーが付きやすくなります。

専門用語とか難しい言葉を使わず、初心者の人にも伝わりやすく話すことが大事です。

ビジネス系youtuberが流行っていますが、話す力を鍛えることは稼ぐ為に非常に重要です。

まとめ

ネットラジオや音声メディアはこれから確実に盛り上がります。

インフルエンサーの人もこぞってラジオ配信を始めています。

今の内から参入して時代の波に乗り遅れないようにしましょう。