未分類

WEBデザインを独学で勉強する方法。初心者は何から始めればいい?

wedデザインというのは独学でも学ぶことができます。書籍やインターネットで学習することになりますが、教室やスクールに行かなくてもしっかりと学んで、自分のスキルにすることができるので、解説していきたいと思います。

WEBデザインを初心者が独学で勉強するには?

独学でwedデザインをするために用意するもの

まず、独学でwedデザインをするために必要なものがあります。それは「wedデザインを独学でする環境」です。パソコンやマウス、キーボードなどの備品はもちろんのこと、ドメインやレンタルサーバーなどが必要になってきます。これらを用意しておくと、格段にスキルアップのスピードが上がるので、事前に準備しておきましょう。

パソコンは、安いものから高いもの、低性能のものから高性能のものまでありますが、基本的には「スペックが高いパソコン」を選ぶようにしましょう。スペックが低いとデザインソフトの立ち上げやファイルの読み込みが遅くなり、作業効率が悪くなります。そうならないようにも、スペックが高いパソコンを選ぶようにしてください。

ちなみに、デザイン系のソフトウェアの多くはファイルを参照するものが多いので、読み書きの速度は重要になってきます。なので、メモリは複数のアプリケーションを起動しても処理速度に影響しないパソコンというのも重要です。

PhotoshopやIllustratorなどのデザインツールの準備も重要になります。これらのデザインツールは、多くのwedデザインの現場で使用されているので、独学していく上で必要不可欠なものになってきます。

wedデザインを独学していく方法

始めにwedデザインを独学していくために、「書籍を読んで、一般知識を身につける」ようにしましょう。どの勉強に関してもそうなのですが、独学していくためには「書籍」は強い味方になります。なので、まずはwedデザインの一般知識が書いてある書籍を読むようにしましょう。個人的には、「ノンデザイナーズ・デザインブック」がおすすめです。

wedデザインの一般知識をある程度頭に叩き込んだら、次は「デザインツールの基本的な使い方を覚える」ことです。デザインツールは豊富にあり、それぞれで特徴も違いますし、使い方も変わってきます。デザインツールの中で使いこなせるようになっておくべき機能としては、「選択範囲と画像の操作」「レイヤー」「ブラシ・シェイプ・グラデーション」「テキストツール」「色調補正とレイタッチ」です。

これらの機能を使えるようになると、wedデザインの業務において不自由はありませんので、これらを中心に独学していくようにしましょう。

集中力を高めるWEBデザインのコツ

集客力を高めるには、検索エンジンの最適化を行うSEO対策を施し、コンテンツの内容を充実させ、見栄えが良くて使い易いWEBデザインを構築していく事になります。

WEBデザインの主流はレスポンシブデザインやフラットデザインです。レスポンシブデザインは、ディスプレイの解像度に応じて、表示領域を自動的に変更していくタイプのデザインで、これはCSSやJavaScriptで機能を搭載する事が出来ます。

フラットデザインは、Windows10などのOSにも採用されており、立体感を感じさせるアイコンの代わりに、見易さを重視したシンプルな図柄のアイコンを採用しているのが特徴です。一目で何の機能であるかが分かるようにデザインされている事が望ましく、Webサイトにミニマムさを出したい時に有効です。
集客力を高めるWEBデザインにするには、サイトのテーマをはっきりとさせておく事が大切です。サイトやコンテンツのテーマが四季に応じて変化していくなら、その季節に合った配色と画像の選び方が大切になります。一目見て、テーマを分かるようにしておく事で、ネットユーザーの興味を惹く事が出来るでしょう。

最近では、PC用のブラウザとモバイル端末用のブラウザの機能面での差異はかなり少なくなっています。しかし、スマートフォンでサイトを閲覧するケースが増えているので、モバイル回線の通信速度を考慮して作成しておく必要があります。レスポンシブデザインで、PC用とモバイル用のHTMLコードを共有させる事が出来ますが、SEOの観点やデバイスの操作方法の違いを考えると、PC用とモバイル用のコードとデザインは分離させておいた方が良いでしょう。

オンライン学習サイトを利用するのがおすすめ

wedデザインの独学をしていて、わからないことにぶち当たった時にどうしたらいいのか?と不安になる人もいると思います。そういう人には「オンライン学習サイトを利用してみる」のがおすすめです。

今では、オンラインでプログラミングやコーディングを覚えるための学習サイトがとても充実しています。当然ですが、有料のものもあれば、You Tubeのように無料で観れる学習サイトもあります。基本的なことはもちろんのこと、応用分野まで観れるようになっていたりするので、wedデザインを独学していて躓いた時は、強い味方になってくれると思います。


スキルハックスはインフルエンサーの迫さんが運営しているプログラミングスクールです。

WEBデザインを学べるデザインハックスもあるのでおすすめです。

まとめ

wedデザインの独学する方法を説明してきました。wedデザインを独学することのメリットとして、「費用が抑えられる」ことや「好きな時間に勉強することができる」ことなどがあげれます。

なかなか仕事や用事で教室や学校へ行けないという人には、wedデザインを自分の好きな時間に好きなだけ独学してみるのもありだと思います。