クラウドソーシングとは?仕事内容やメリットをわかりやすく解説!

未分類
現在、利用者数100万人に達する勢いにあるのがクラウドソーシングですし、多くの人が利用しているのは、パソコンやタブレット端末のみならず、スマホからでも手軽に打つ(入力)などができるからで、ライティング利用者が増加していると言われています。

近年はサラリーマンや主婦など、空いた時間にネットを利用して副業をしたり、お小遣いを稼いだりする人が多くなっています。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングはCrowd(群衆)とSourcing(業務委託)を組み合わせた言葉であり、不特定多数の人に業務を委託する形態を意味します。つまり、インターネットを利用して個人に仕事を発注できるビジネスツールのことです。『仕事が欲しい』個人と、『仕事をしてくれる人が欲しい!』企業をマッチングさせる機能を備えています。

どこから利用できるかといえば、大半はクラウドソーシングサイトを利用しているようで、ここは、仕事の受注・発注したい個人と法人をマッチングしてくれる仲介会社的存在になります。

クラウドソーシングが今、注目されている理由としては、資格や技術がなくても参加ができるという敷居の低さでしょう。いわゆる、未経験者も歓迎しているのと似たりよったりで、経験を積むためのノウハウを教えてくれるケースもあり、パソコンスキルさえ無い人でも、記事を書いたことが無い人でも始めることが可能です。

クラウドソーシングを利用すると、仕事の発注や受注がインターネット上の手続きだけで可能になります。発注側はネットを通じて作品を納品してもらうことができ、受注側は作品の報酬を指定の銀行に振込んでもらえます。

クラウドソーシングの仕事形式

クラウドソーシングにおける発注形式には主に以下の3つがあります。

1)タスク:簡単な文章の作成や口コミ、アンケート、レビューなど

クラウドソーシングの基本と言えるのがタスクです。短時間でできる簡単な仕事を望んでいる人に適しています。提出した作品に対して発注者から承認を得られると報酬が支払われます。

2)プロジェクト:ブログの執筆やプロミングなど

タスクは不特定多数の人が受注の対象になりますが、プロジェクト形式は発注者と受注者が1対1でやり取りします(受注者が複数の場合もあり)。受注者には専門的なスキルが求められます。

3)コンペ:企業のロゴやデザインなど

発注者の募集内容に対し、複数のユーザーが作品を提案する形で採用を争います。採用されないと報酬はありません。

クラウドソーシングにおける仕事内容

クラウドソーシングで発注される仕事には主に以下などがあります。

1)ライティング

コピーライティングやメディアの記事など、文章作成の仕事がライティングです。レビューや口コミなどの短文案件があれば、ブログなどの長文案件もあります。記事のボリュームや質に応じて報酬が変動します。

2)デザイン制作

発注者の希望に合わせてデザインを提案するのが、デザイン制作の仕事です。企業のロゴ、ラッピングやキャラクターのデザインなど、様々なものがあります。

3)アンケートやモニター

アンケートに答えたり、製品のモニターになったりする仕事です。スキルを必要としないため、誰にでもできます。

4)単純作業

データや名刺などの情報を入力する単純作業の仕事もあります。

クラウドソーシングのメリット

発注者やユーザーがクラウドソーシングを利用するメリットには以下などが挙げられます。

1.発注者のメリット

1)安いコストでの仕事の依頼

クラウドソーシングの大きなメリットと言えるのが、安いコストで仕事を達成できることです。仕事のために正社員を雇うと、月々の給与に加えて健康保険や厚生年金などの福利厚生の費用が嵩んできます。しかし、クラウドソーシングの場合は受注者を雇用するわけではないため、固定費の増えることがありません。同じ仕事を任せるにしても、クラウドソーシングの方がコストを抑えることができます。

2)必要な時に必要な分だけ利用

クラウドソーシングでは、必要な時に必要な分を発注するだけで済みます。不要な時は発注しなければ良いだけです。社員の雇用とは違い、繁忙期と閑散期における社員の人的バランスに悩む必要がありません。つまり、費用対効果が非常に高くなります。また、不足人員の補充という手間も省けるため、効率よく業務を遂行できます。

2.ユーザーの場合

ユーザーにとってのクラウドソーシングのメリットは、何といっても制約を受けないということです。自分のできる仕事や好きな仕事だけを選択し、やりたくない仕事をする必要はありません。また、空いた時間に仕事をすれば良いだけなので、本業や生活に支障をきたすことがありません。

クラウドソーシングで実績を上げるには?

ちなみに、報酬については大概が、1案件につき100文字~1000文字程度ですし、1文字0.1円~ですが、経験値があるならば徐々に単価が上がり、文字単価0.4~0.8円程度ですが、報酬として考えれば高いとは言い難いでしょう。結論から言うと、稼げないこともありますが、効率よくこなすならば、専業主婦でも月8万以上稼ぐことができるのは事実です。ただし、何事も土台・基礎固めが必要です。クラウドワークスの場合でいえば、評価です。

これは、クラウドワーカーのみならず、クライアントにも評価枠が与えられています。契約したいとき、応募したいなら、評価を参考にすべきです。この評価を上げるにはコツコツ1ヶ月は適正に投稿するだけです。

ちなみに、高単価となる案件があったとしても、初めての利用では応募は不可です。例えば、5段階評価があるなら、5の評価でなければ応募ができない仕様です。その域に達するためにはコツコツと、低い単価の案件をこなすしかありません。下積みがなければ実績もつかないのがビジネスです

約1ヶ月は、報酬のことは気にせず、とにかくこなすことです。どのクラウドソーシングサービスであれ、実績がなくてもできる仕事をしっかり提供してくれています。

その種類も至って簡単で、サクサク作業ができる内容です。アンケートやレビュー、データ入力などがあります。

先に、誰でも利用ができるとは言いましたが、最低評価が付いてしまった場合、強制的に不参加扱いになったり、挽回することなく辞めてしまうことになります。誰でもできる、けれどやはり多少なりの知識・技術がなければ評価はもらえないでしょう。

そこで評価が付いてきてから、継続依頼前提となる案件に力を入れてみましょう。大体は、自らクライアント側に応募するカタチになります。募集概要に継続依頼ありと掲載されているのが目安になります。中には、長くお付き合いができる方、今後、報酬アップありなどの掲載があれば応募してみましょう。もちろん、単発となる案件の応募もありですが、成功報酬などの交渉がしやすくなるのは、1人のクライアントから継続的な依頼を受けることにあります。

何より、安定した収入を見込めるのは魅力ではないでしょうか。それを踏まえてから始めることで、着々と評価から収入へと舵切りができます。

クラウドソーシングサイトにおすすめのサイト

 クラウドワークス


クラウドソーシングの定番サイトです。

エンジニア・デザイナー・ライター案件が中心です。

会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクで稼げます。

Bizseek


BizseekはフリーランスでWEB系に携わっている人におすすめです。

ランサーズやクラウドワークスのような大手には無い仕事があります

クラウディア


クラウドディアはライティングやロゴデザイン、WEB制作の案件がメインです。

登録者25万人を超えるクラウドソーシング型ビジネスマッチングサービスです。

タイトルとURLをコピーしました