できるだけ仕事したくないと感じる理由と解決策

未分類

・できるだけ仕事したくない

・なるべく楽をしたい

と感じることはよくあるでしょう。

どのような仕事でもそれなりに大変な面はあると思います。

できるだけ仕事したくないと感じる理由と解決策を紹介します。

そもそも仕事したくない理由

仕事したくないと感じる時によくある理由は以下です。

・仕事がキツい
・やりがいがない
・人間関係など..

仕事がキツかったり、つまらなかったりすると

なるべく仕事をしたくないと感じたりするものです。

やはり働いていると、人間関係や長い労働時間など、さまざまな

ストレスが掛かったりするので、疲れるのが普通です。

また思うような結果が出ない時にも仕事をしたくないと感じる時もあります。

無理をして仕事をしていると、働くこと自体が嫌になってしまうケースはよくあります。

できるだけ仕事したくないの解決策

好きなことを仕事にする

そもそも仕事したくないと感じる時は好きなことを仕事にすると良いでしょう。

文章を書くのが好きならブログとか動画を撮るのが好きならyoutubeなど

今は色んな副業の選択肢があります。

ブログは、記事がストックされて、資産になるので徐々に楽になっていきます。

何もしていない時でも検索エンジンから集客をしてくれます。

基本的には、身体を動かすより頭を使って働くほうが楽です。

好きなことだけで収入を得ていくのはそれなりに難しいですが、

個人でできる仕事をすれば、無駄なストレスはかなり軽減されます。

 

仕事したくないからといって怠けてしまうと、後でツケが回ってくることもあるので

何らかの生産的な活動をすることをおすすめします。

働かずに生活してみる

仕事したくないと感じる場合は、一旦仕事をやめて働かずに生活するのも有りです。

まとまった貯金があれば、1年くらい働かなくてもなんとかなったりするので

在宅ワークなどを中心にやっていくという方法もあります。

今は働かずに、生活している方はネットを見ていると結構多いです。

自分にとって負担を少ない生き方を模索していけば、良いと思います。

 

気分転換をしてみる

仕事をしたくないと感じる時は、気分転換をするというのも有効です。

自然の中でリフレッシュをしてみたり、ドライブをするのも良いでしょう。

気分転換をすることで、脳がリフレッシュされ斬新なアイデアが

思い浮かんできたりすることは多々あります。

良い仕事をする上で、新しい経験をするのも大事なことなのです。

向いている仕事を探す

そもそも仕事をしたくないと感じる時は、その職種が向いていないかもしれません。

向いていない仕事を続けていると、なかなかやりがいを感じられなかったりします。

スキルや適正などを考えつつ、向いている職種を探すというのも良いでしょう。

無職になっても意外と生きていける

仕事をやめて無職になったら、収入がなくなってしまうと思われていることが多いですが、

無職やニートになっても意外と生きていくことはできます。

具体的には

・実家に住む

・副業をする

・ポイントサイト等で稼ぐ

等の方法があります。

 

実家に住むと生活コストを抑えられるので、安心して副業などに取り組むことができます。

今はfireやフリーランス等、組織に属さない生き方も注目されてきている為、

仕事を辞めるというのも選択肢の一つではあります。

本来、仕事は楽しいもの。

本来、仕事というのは楽しいものです。

これは雇われているとなかなかわからない感覚なのですが、

自分の作ったコンテンツによって世の中の役に立つことは楽しいです。

単純労働ではなく、クリエイティブな価値を生み出すのです。

長所などを生かして、働くことで仕事と向き合う姿勢が前向きになります。

働くこと=辛いから、面白いとか楽しいという認識に変われば

好奇心を持って仕事に取り組むことができるようになります。

まとめ

できるだけ仕事したくないと感じる時の解決策を紹介しました。

自分に合った仕事をすることが楽しく働く為のコツです。

タイトルとURLをコピーしました