引きこもりから社会復帰できない理由。向いているバイト

引きこもりから社会復帰するのは難しいイメージはあるでしょう。

なぜ社会復帰が出来ない理由と向いているバイト等を書いていきたいと思います。

引きこもりから社会復帰できない理由

・働くのが怖い

・仕事が続かない

・人間関係が苦手

 

引きこもりから社会復帰するのが難しい理由はこのような理由があります。

バイト等に受かったとしても、人間関係が上手く行かなかったりして

仕事が長続きしないのです。

小さなミスをしやすい特性だったり、元々の性格もあるでしょう。

引きこもり期間が長期化すればするほど、社会復帰のハードルは上がっていきます。

若い内は良いのですが、30代40代になってくると就職も難しくなってきます。

しかし今の時代は、ネットで働くことも出来ますので、無理して社会復帰をする必要はないです。

 

大人のひきこもりが増えている

ひきこもりといえば、不登校など若いイメージですが、最近は40代50代のひきこもりも増えてきています。

原因は職場で上手く行かなかったとか、様々でしょう。

一度レールから外れると、復帰するのが難しいというのもあるかもしれません。

長期ひきこもりを脱出することは簡単ではないですが、

在宅ワークなど小さな仕事から初めて自信を取り戻していくことが大事だと思います。

ひきこもりに向いている仕事について

・一人で黙々と取り組むことが出来る

・ハードワークでない。

・接客じゃない

・家で出来る。

 

ひきこもりの方に向いている仕事はこのような特徴があるでしょう。

どちらかというと、頭を使ったりな手先を使う作業に適正があるように思えます。

逆にレジなど接客やマルチタスクなどにはあまり向いていません。

そして社会復帰してすぐに立ち仕事かつハードな仕事はキツイです。

パソコンなど家で一人で淡々と取り組めるような仕事がベストかと。

 

ミイダスは自分の市場価値を診断することが出来ます。


引きこもりにおすすめのバイト働き方

引きこもりにおすすめのバイト・働き方は以下です。

アフィリエイター

ブログやアフィリエイトの作業は家に居ながらできるので引きこもりには最適です。

専業なら作業に集中することが出来るため、時間のある引きこもりには有利です。

稼ぐのは簡単ではありませんが、スキルが身に付いたり得られるものは大きいです。

外で働くのが難しい場合は、ネットで起業するというのもアリでしょう。

私は3年以上もの間、ブログを書き続けていますが一番向いていると感じます。

文章を書くのが好きな方はクラウドソーシングでwebライターをするのも良いかもしれません。

 

軽作業系のバイト

引きこもりの社会復帰は、品出しや倉庫などの軽作業系のバイトが良いでしょう。

あまりにハードな肉体労働は体力的にも厳しい部分があり長続きしません。

軽作業系のバイトは派遣などを探せば、結構見つかります。

夜勤の場合、人間関係も比較的楽で、時給も良くなります。

配送業

車を運転するのが好きな場合は、配送系の仕事が良いかもしれません。

運転は一人ですることが出来る分、気楽だからです。

 

ウーバーイーツは登録するだけで配達員になることが出来るのでおすすめです。

まとめ

引きこもりから社会復帰できない理由とおすすめの働き方を紹介しました。

性格や得意分野などを生かすと、自分に合った生き方は見つかるはずです。

タイトルとURLをコピーしました