仕事だけの人生に後悔しない為には。

「仕事だけの人生だった・・・・・」

振り返るとそういう人生を歩むことは少なくないようです。

今回は仕事だけの人生に後悔しない為にはというテーマで書きます。

仕事だけの人生は楽しい?

学生の時は良い会社に入るために勉強を頑張って

社会人になると、就職をしてそこから40年くらい働き続けます。

人生の大半を占めるのが仕事だといえます。

生きていく為には、お金を稼がなければならないので、普通です。

社会で働く中で、忍耐とかコミュニケーション等様々なことが学べます。

しかし、果たして仕事に多くの時間を費やすのは幸せといえるでしょうか。

仕事だけの人生に後悔しないためには

独立をする

仕事をすると一言いっても、雇われて働くのと、独立して自分で仕事をするのでは

かなり感覚が違います。

朝から満員電車に乗ったり、毎日出勤をしなくても良いからです。

自分の裁量で仕事をすることが出来れば、自由な時間を確保できたり

人生でコントロールできる領域が増えます。

好きなことを仕事にする

仕事だけの人生で後悔したくないのであれば、好きなことを仕事にすればよいのです。

好きなことなら趣味の延長線上で出来るので、仕事しているという感覚はないです。

ただスポーツや音楽やなんでもそうですが、

独立や得意なことで食べていくにはそれなりのスキル経験が必要です。

余裕のある働き方をする

時間と労力の切り売りではなかなか仕事に余裕が出ません。

ブログやyoutubeなどのコンテンツは、ネット資産として残るので、

余裕のある働き方ができます。

自分が働かなくても回る仕組みを作ればいいのです。

適度に遊ぶ

仕事だけではなく、適度に遊ぶということも大切です。

働いてばかりだと、ストレスがたまりますし、疲れます。

遊ぶことにより経験が増えて、仕事に生かすことができてさらに人生が豊かになる。

ということはあります。

 

仕事なんて何でもいい

働く手段つまりは仕事なんてなんでもいいと思っていて

アルバイト、就職、在宅ワーク、youtuber、など…無数に選択肢はあります。

 

結局、仕事は毎日やるものなので、

・やりがいが持てるか

・ストレスはないか

・苦なく続けられるか

 

この辺りが大事なわけです。

たとえばいくら給料が良かったとしても、労働時間が長くて

ストレスマックスだと幸福度は下がると思っていて、

それなりに自由やゆとりを持ちつつ働けるのが理想です。

働くといえば、通常どこかの企業に雇われる場合が多いですが。

フリーランスなら人間関係はそれほどなく縛られない生き方ができます。

結局、労働は大事

今はfireなどが流行っていますが、結局労働からは逃れられないと感じています。

ブログは書くことが好きなので、それ自体は苦にはならないのですが、

毎日やっていると飽きたなと感じることはあります。

ジャンルや努力の仕方を工夫することで、モチベを保ちやすくなる。

やりたい仕事を選ぶことが出来るのがフリーランスのメリットです。

真面目に考えすぎずに、適当に生きればいいと思うのです。

自分は好きな時間に起きて、遊んで、働いて適当に生きています。

まとめ

仕事だけの人生で後悔しない為にはというテーマで書きました。

働きつつも余暇を充実させる工夫をすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました