ビジネスは長期的視点を持って取り組む。

未分類

ビジネスは短期目線だけではなく長期的視点を持って取り組んでいくことが大事です。

今回は長期的な視点を持つことが大切な理由を解説します。

短期視点では労働集約になりがち

短期目線の働き方は、バイトで時間と労力を切り売りしたり、ひたすらsnsを更新したり

これらは比較的、すぐに成果を得られるのが特徴です。

ツイッターなどもその場で読まれますが、タイムラインで流れていきます。

基本的にフロー型の発信は長期的な成果には繋がりません。

とにかく頑張るという方向性になると、働き方が労働型になります。

最初の内は、作業量をこなしていくということも大事なのですが、

労働集約型のビジネスは、放置が効かないので疲れます。

ただ短期的視点はモチベーションを保ちやすいというメリットはあります。

ビジネスは長期的視点を持つ

ブログなどのメディアを運営していく上で長期的視点を持つことは大切です。

記事を書いてから検索エンジンで上がるまでそれなりに時間が掛かるので

すぐに結果が出るということはないでしょう。

ブログはストック型なので、web上に資産として残るという特徴があります。

つまり長期的に積み重ねていくことで、徐々に集客できるようになります。

 

労働ではなく、システム化や仕組み構築を意識していくことのが大切です。

外注を雇ったりして、自分が働く量を減らすのも一つの手です。

1週間くらい休んでいても、さほど仕事に影響が出ないというのが理想です。

空いた時間を生かして、他のビジネスを作ったりするのも良いでしょう。

つまり経営者的な視点を持つことが大切なのです。

 

長期的な目標を持つ

長期的に見て、どうなりたいかを明確にしておくことは大切です。

ゴールが分かれば、そこから逆算して、やるべきことが見えてくるからです。

例えば、自由な生活をしたいという目標を持って、

地道にブログやメルマガを書いたりするのは理にかなっています。

長く続けるほどに、ノウハウやコンテンツが蓄積されていくからです。

信頼など目に見えない資産も増えていきます。

ただ有名になりたいなら、snsやyoutubeをやるのも良いでしょう。

音声や本を読んで勉強したりするのは長期的なスキルアップに繋がる為、

有意義であるといえます。

ビジネスに限らずどの道でも一端になるには、それなりの年月が掛かります。

短期的に成功するだけではなく、長期的に上手くいく状態を維持するには、

自分のベースとなる知識やスキルを高め続けることが大事です。

 

タイトルとURLをコピーしました