働くのが怖いは甘えではない。どうすればいいかの解消法

心理

誰しも働くのが怖いと感じるときはあるはずです。

特に長い間仕事せず家にいたりすると、社会復帰をするのが怖くなります。

今回は働くのが怖い時はどうすればいいのかについて書いていきます。

働くのが怖いのは甘えじゃない

働くのが怖いと感じるのは当たり前です。

新しい職場に入る時は、そこで上手くやっていけるかや様々な不安が生じます。

たとえば

・馴染めないかもしれない・・

・面接で上手く受け答えできるか不安・・

 

仕事をする上での悩みのほとんどは人間関係だと思います。

何日も前から色々と考えてしまい、憂鬱になってしまうことはあるでしょう。

良い職場に巡り会えるどうかは運の要素も結構あります。

 

既に働いている場合でも

・職場の人間関係が上手くいってない

・仕事でミスばかりしてしまう。

 

こういう時はいきたくなくなってきますよね。

働くのが怖いと感じる時は誰にでもあるので、甘えとかではないのです。

働くのが怖い時はどうすればいい?

思い切って働いてみる

行く前は怖いと思っていても、いざ働いてみると、大したことはなかったりします。

会社は言われたことを指示通りにこなすことができれば問題はないのです。

自意識過剰になっているだけで、そんなに自分のことを気にしてなかったりします。

仕事に慣れてリズムが掴めてくると、恐怖は薄れて楽しさに変わる場合もあるでしょう。

一旦仕事を休む

働くのが怖いと感じている時点で、ストレス抱えている可能性が高いです。

そういった場合は、一旦休むことによってメンタルを回復させることも大事です。

調子が良くなれば本来のパフォーマンスを出せるようになります。

つらい時は逃げるという選択肢を取ることも大切なのです。

在宅ワークをする

どうしても外で働くのが怖いと感じる場合は、ネットで仕事をすれば良いでしょう。

主にブログやyoutube、クラウドソーシングなど副業の選択肢は昔より増えてきています。

家で仕事をすれば、全部一人でできるので働く上での不安はほとんどなくなります。

しかし、ネットで稼ぐのは簡単ではなくて、スキルや得意なことを生かすことが重要になってきます。

クラウドソーシング系のサイトでは、ココナラやランサーズなどが有名です。

自分に合った仕事がわからないなら

webを上手く活用すれば、雇われる以外の働き方は無数にあります。

仕事=雇われることだと思い込んでいると、選択肢を狭めてしまいます。

社会貢献することができていれば、仕事なのでブログも十分仕事になります。

自分の好きなことを仕事にできる方が人生の自由度は上がり充実します。

仕事をする上で少なからずリスクや怖さを感じることもありますが、

それよりもやりがいの方が上回っている状態がベストだと思います。

適正のある仕事がわからない時は、自己分析や転職系のサイトを活用するのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました