ADHDの仕事選びのコツ。向いている職種とは。

adhdでなかなか仕事が続かないという悩みはよくあるでしょう。

adhdの仕事選びのコツや向いている職種を紹介したいと思います。

ADHDの特徴とは

adhdの特徴は以下です。

・落ち着きがない

・忘れ物をよくする

・子供っぽい部分がある

・衝動的に行動する。

 

 

自分は診断を受けているわけではないですが、ADHDの傾向があって

元々、空気が読めなくて、共感性も低いです。

仕事も長続きすることなく、今まで短期でやめるということがよくありました。

つまり、職場の中で働くということに向いていないのです。

しかし趣味や好きなことに対しては、かなりの集中力を発揮することができます。

強みや適性を考えることで、ADHDでも才能を開花させることは可能です。

ADHDの仕事選びのコツ

仕事選びでポイントになってくるのが

・一人で出来るかどうか。

・難易度が高いか低いか。

・その仕事が好きかどうか。

 

この辺りでしょう。

やはりチームプレイが苦手な場合は、一人で出来るかどうかも大きなポイントです。

小さいミスをしやすい面もあるので、一度に複数のことをやるマルチタスクは

向いていない傾向があります。

仕事を長く続けていく上では、その仕事が好きかどうかもポイントになります。

 

ADHDに向いている職種とは

ADHDに向いている職種はやはり一人で黙々と出来たり、創造性が発揮できるものがベストです。

 

・個人事業主、ブロガー

・起業家

・プログラマー

・クリエイター

・軽作業系(工場や品出しなど)

 

フリーランスは一人で仕事を完結することが出来るので、向いているといえるでしょう。

他にはクリエイティブな発想力が必要な仕事などにも適正はあります。

 

ADHDは起業家向きの特性を持っています。

・多動的

・発想力が高い

・集中力がある。

・拘りの強さ

 

思いついたアイデアを行動に移すことは、非常に重要です。

悩まず行き当りばったりで行動するくらいの方が起業家やフリーランスには向いています。

そして一つのことを粘り強く突き詰めていく拘りの強さも大切です。

実際に著名人の中には、ADHDの傾向がある方も少なくはないのです。

他と違うことは個性になる。

ADHDで他と違うということは大きな個性になります。

それ自体が差別化になり、常識に縛られない発想が出来たりするからです。

普通で終わらずに大成する為の資質を持っているということです。

個性や強みを把握することによって、特定の職種では能力が発揮できる可能性はあります。

 

タイトルとURLをコピーしました