田舎は引きこもりに最適?仕事はどうするの。

未分類

私は田舎に住んでいますが、田舎は引きこもりに最適な環境だと感じています。

田舎は引きこもりに向いている理由と仕事について紹介したいと思います。

田舎は引きこもりに最適な理由

ゆったり暮らせる

田舎は山や川や田んぼなどの自然が豊かな環境なのでゆったり暮らす事ができます。

都会のように競争社会という感じもしないので、マイペースに過ごしたい引きこもりにとって最適な環境と言えるでしょう。

旬の野菜や魚を安く手に入れることができたり、食べ物が美味しいです。

田舎は商業施設や遊ぶ場所が少ないので、引きこもりがちになりやすいというのはあります。

 

お金が掛からない

田舎暮らしの良いところはお金があまり掛からないという所です。

田舎で実家に住めば、低コストで生きていくことも可能ですし、家賃が低い物件もあります。

そもそも娯楽がネットくらいしかないので、お金を使う機会がそんなにないのです。

普通に働いている場合は、節約を意識せずとも貯金がしやすいです。

 

就職先が少ない

田舎で引きこもりになりがちな理由として、仕事が少ないというのもあるでしょう。

よくある就職先として工場や介護、スーパー、土木などブルーカラー系が多く

デスクワークやIT系が都会に比べて少ないです。

田舎に残った若い人は思うような職に付けず、ひきこもりになりやすい背景があります。

 

 

田舎で引きこもるデメリット

田舎で引きこもるデメリットというのも少なからずあります。

・近所の目が少し気になる

・野心が湧いてこない

 

田舎で引きこもっていると、近所の目が結構痛いというのはあります。

ずっと家に車があったりすると仕事をしていないと思われるので

昼間は外出をするなど工夫が必要になってきます。まあ慣れるとそんなに気になりませんが。

田舎ののんびりした環境だと野心や競争心が湧いてこないというデメリットもあります。

自分でビジネスなどをする場合は、都会の方がモチベーションを維持しやすい

かもしれませんね。

 

田舎でひきこもり仕事はどうするの?

田舎は都会に比べて求人が少ないというのがネックになってきますが、

引きこもりでも家に居ながら働く方法はいくらでもあります。

 

ネットで稼ぐ

ネットは田舎も都会も平等に通っているので、住む場所は関係ありません。

田舎の引きこもりにとってネットで働くというのは一つの選択肢になるでしょう。

ブログは副業として知られていますが、十分本業になります。

年間の維持費も大して掛からないので、低コストでも始めることが出来ます。

自宅に引きこもりつつネットでそこそこのお小遣いを得ている人も多くいます。

A8.netなどのaspに登録すれば、簡単にアフィリエイトを始められます。

年末年始のバイトなど

普通のアルバイトに長期で働くことができれば良いのですが、

いきなりフルタイムで働くと人間関係でやめてしまうパターンも多いです。

郵便局の仕分けなど年末年始の短期バイトに出たりするのはアリだと思います。

軽作業系は黙々とできるためコミュニケーションが苦手でも務まりやすいです。

ウーバーイーツ

ウーバーイーツは田舎では通っていない地域もありますが、

面接なしで登録することができるので、引きこもりやニートに人気のあるバイトです。

自分の好きなタイミングで働ける為、自由度が高いという特徴があります。

自転車に乗ると運動にもなりますし社会復帰には最適な仕事といえるでしょう。

 

まとめ

田舎は引きこもりがちになりやすいですが、のんびり過ごせます。

都会に比べると仕事は少ないですが、家で働くというのも選択肢の一つです。

タイトルとURLをコピーしました