社会不適合者で仕事が続かないを克服する方法

職場で上手く馴染めなかったりして、仕事が続かないという人は少なくないでしょう。

社会不適合者で仕事が続かないを克服する方法を紹介します。

社会不適合者で仕事が続かない..

仕事が続かない理由は様々でしょう。

・コミュニケーションが苦手

・平凡なミスをしてしまう

・自己中心的

・めんどくさがり等..

 

自分の場合は、最初の数ヶ月は上手くいっても、徐々に凡ミスが目立ち

結局仕事をやめることになる。というパターンが多かったです。

単独行動は好きなのですが、コミュニケーションが得意というタイプでも

ないので、一つの職場で長続きしにくいです。

今はアルバイトや就職など、会社に雇われて働くということはほぼ諦めました。

 

社会不適合者で仕事が続かないを克服する方法

人間関係が楽な仕事をする

一つは人間関係が楽な仕事をするということです。

 

人と関わらなくても、成り立つ仕事は意外とあります。

・ブロガー、youtuber

・夜勤のバイト等…

 

私はブロガーを数年くらいしていますが、人間関係はほとんどありません。

厳密にいうと、ネットで間接的な関わりはありますが基本は家で働いています。

ストレスの少なさでいうと、これ以上の仕事はないでしょう。

youtuberも顔出しをせずに、声と文字を使うとか上手いことやる方法はあります。

 

単純作業系のバイトも比較的、人間関係は少ないですが、

何らかの職場に属していると、それなりに大変な面はあります。

特に夜勤は、体質に合わない場合、調子を崩しやすくなります。

IT系スキルを習得する

IT系の仕事は、在宅で一人で出来るような作業が多いです。

プログラミングやwebマーケティング等のIT系スキルを習得すれば

フリーランスとして働くことも可能です。

 

今後はIT系の需要が高くなってくるので、学んでおいて損はないと思います。

単純に資格やスキルを身に付けることにより、将来性のある仕事に就きやすくなります。

自分に合った職場を見つける。

職を転々としたりしていると、自分に合った職場に巡り会えることがあります。

良い仕事や人間関係に恵まれるかは、運の要素も大きいでしょう。

今はネットで評判を調べたりすることも出来るので、下調べすることは大切です。

得意や強みを生かして働く。

社会に適合できないというのは一種の個性のようなものです。

世間の常識や、競争に違和感を感じるのは、ある種正常な反応です。

嫌なことを我慢してまで働くというのは、苦でしかありません。

 

しかしどのような人でも何らかの強みは持っています。

たとえば、

・好きなことなら超集中できる

・文章を書くのが得意

・英語を話せる 等…

 

そのような強みを活かせば、十分社会の中で活躍することは可能です。

今はyoutubeなどネットを使えば、自分の作品を投稿することができるので

特技や才能を活かしやすい環境にあるといえます。

結局、職業はどうあれ適正を生かして、働ける場所で頑張るしかないんです。

 

まとめ

社会不適合者で仕事が続かないなら、ネットで生きていくという選択肢もあります。

やはり好きなことや得意分野を生かして働くのが理想だと思います。

タイトルとURLをコピーしました