完璧主義で仕事ができない時の対処法

完璧主義といえば、一見イメージが良く聞こえますが、

完璧に拘るがあまりなかなか行動できなくなったりすることもあります。

今回は、完璧主義で仕事ができない時の対処法を紹介します。

完璧主義だと仕事はできない

完璧主義だとなんでも完璧にやろうとしてしまいます。

・失敗したくない

・高い目的意識

・傷つきたくない

とミスを気にしたり、仕事を完璧に仕上げようとするからです。

 

今はhspなど繊細だったり完璧主義の方が増えています。

その背景には、ネットの人間関係だったり、様々な要因があるでしょう。

家の中で、仕事や承認欲求も全て完結できる時代ですが、その分

うつになったり些細なことに意識向きがちなのです。

 

つまり、鈍感になることは生きやすさを得ることにつながるのです。

周りを気にしない方法

完璧主義になる原因として、周りの目やプレッシャーもあるでしょう。

期待されていたり、良い仕事をしなければならないと考えれば考えるほど

完璧主義になっていくのです。

他人を気にしない方法として、目の前の仕事に集中することです。

評価を過度に意識すると、完璧主義になるので、

周りが見えなくなるくらい、のめり込むことです。

本当に自分にとって大事なことが見えてきます。

現代は情報に溢れている時代で、様々な角度から情報が入ってきます。

理にかなった行動をするには、情報の取捨選択をすることが大事です。

 

小さな行動がマインドを作る

完璧主義で何も出来ない時は、小さな行動から始めましょう。

例えば、ブログを書くのに抵抗を感じる場合は、ツイッターでつぶやくとか

小さなアウトプットをすることで、メンタルが鍛えられていきます。

私も完璧主義で、考えすぎてしまうことはあるのですが、

ブログにしても完璧ではなくて、若干適当の方が味が出ると考えています。

このような小さな行動をすることで、マインドを作るようにしています。

自信が付いてきたら、大胆に動けるようになってきたりするのです。

プライドや失うものがないと最強になれる。

完璧主義になりがちな傾向として、高学歴とかビジネススキルが高いとか

失敗することに慣れていない場合が多いです。

つまり、守るものがあるが故に完璧を目指そうとしてしまうのです。

 

逆にプライドや失うものが何もなければ、最強です。

普通ではリスクが高いと思われる行動を取ることができるからです。

世の中では、ミスは良くないことだという風潮がありますが

そもそも人は失敗もするし、間違った選択をすることもある。

失敗を繰り返しながら少しずつ上手いやり方を学んでいくのです。

 

まとめ

完璧主義を克服することは生きやすさにも繋がっていきます。

多少の間違いは良いと許容範囲を上げることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました