勉強ができるのと仕事ができるのは違う理由

一般的には、勉強ができること=賢い思われることが多いです。

しかし勉強ができるのと仕事ができるのは微妙に違います。

勉強できるのと仕事ができるのは違う理由を紹介します。

勉強ができるのと仕事ができるのは違う

勉強ができて、学歴があることはある程度努力ができる証明になります。

苦労して高学歴を手に入れることは、それなりに立派なことです。

しかし勉強ができるのと仕事ができるのは違います。

 

なぜかというと仕事では行動力やコミュニケーション能力が求められるからです。

勉強をして学ぶほどに慎重になったり、大胆な行動ができなくなっていきます。

 

知識を入れれば入れるほど、本能が抑えられていくのです。

副業で上手くいくようなタイプは、失敗を恐れることなく動くようなタイプです。

多少の失敗や間違いは問題なくて、そこから修正していけばいいのです。

つまり知っているとだけの状態と実際にやるということには

大きな隔たりがあるのです。

何を学ぶかが大事。

勉強をするといっても、何を学ぶかにもよります。

ただ学校の勉強だけができても、役に立たないパターンは多いです。

大人になってから役に立つのは、マネーリテラシーや英語など様々です。

専門性を高めたり、仕事に役立つような資格を取ったりするのも良いでしょう。

つまり目的にあったスキルを身につけていくのが大切なのです。

サッカーがうまくなりたいのに、野球の練習をしていても意味はないです。

ブロガーなら文章の書き方や効率的な集客方法を学ぶのは効果的です。

仕事に学歴は関係ない

一般的に学歴は良い会社に就職する為に必要なものです。

確かにブランドとなる学歴があることで、信用に繋がる場合はあるでしょう。

しかし今はフリーランスとかリモートワークが主流になってきています。

ネットの仕事をする為に、パソコンは必要ですが学歴は不要です。

他にもyoutuberやホスト、工場勤務など学歴が関係ない職種は沢山あります。

つまり仕事をする為に必ずしも学歴は必要ないということです。

仕事ができる人はこれが得意

感情がブレない

仕事ができる人の特徴として、決断が早くて感情がブレないという特徴があります。

いかなる時でも冷静さを失わずに、淡々とタスクをこなします。

逆にすぐに焦るとか感情的になると仕事ができない。

周りに流されず感情などを抜きにした意思決定ができるのです。

問題解決力が高い

仕事ができる人は、問題解決能力が高いです。

悩みや疑問を洗い出して、それを解決する為の提案を行います。

視点を下げつつ、分かりやすく説明する能力は大事です。

勝負事が好き

仕事ができる人ほど、勝負事が好きな傾向があります。

ゲームなどでも負けず嫌いだったり、勝つことに拘ります。

そこに至るまでのプロセスよりも目的を遂行することを重視します。

仕事ではアウトプットが大事

知力と行動力のレベルが高いというのも仕事ができる特徴です。

勉強はインプットだとしたら、仕事はアウトプットです。

自分のアイデアや作品は世に出して、初めて評価されます。

つまり仕事とは、内ではなく外に向かっていくような行為なので

ただ、勉強ができるだけでは、稼ぐことには繋がらないのです。

むしろ、間違いを恐れないとか常識外れとか思い切りの方が大事です。

結局は、メンタルの強さが重要だったりします。

勉強をしているにも関わらず、うまくいかないと感じる場合は

アウトプットを意識してみてはどうでしょうか。

まとめ

勉強ができるのと仕事ができるのは違う理由を解説しました。

仕事では知力だけでなく発想力や決断など様々な要素が必要になります。

タイトルとURLをコピーしました