音声配信は何話す?ネタを選ぶコツなど

・音声配信をしたいけど、何を話せば良いかわからない。

・思うように再生が伸びない。

という方はいるでしょう。

音声配信をしたことがある私がネタを選ぶコツを書いていきます。

音声配信で何を話す?

好きなことや趣味の話

好きなことや趣味の話ならいくらでも話すことができます。

逆に知識がないことを喋ろうとしても内容が薄くなってしまいます。

自分にとっては当たり前のことでも誰かの役に立つことは多々あります。

得意な分野をメインのコンセプトとして発信していくと良いでしょう。

気になっていること

普段気になっていることや考えていることを話すのもアリでしょう。

案外台本を作らない方がフリーに話すことが出来るので、

頭の中にあることを言語化してアウトプットするだけでも良いと思います。

ニュースや時事ネタ

世の中で話題になっているニュースや時事ネタについて自分の考えを言及する。

のも良いかもしれません。

ただ、扱う時事ネタに関しては、慎重に選んだ方が良いと思います。

ブログの内容を話す

自分のブログで書いた内容を台本にすることによって詰まらずに話すことができます。

音声コンテンツにすればブログの内容をより深く伝えることができるでしょう。

ブログと音声配信を掛け合わせることにより相乗効果を得ることができます。

歌を歌う

音声配信で弾き語りをしたり、歌を歌っている人もいます。

中には、話すより歌う方が得意だという方もいるはずです。

しかし、音楽は著作権などもあるので、その辺は規約などを確認しましょう。

 

音声配信が聞かれるコツ。

・尺を意識する

・キャラクターの統一

・投稿時間を意識する

 

尺を意識する

尺はだいたい3分〜10分くらいがベストだと思います。

しかし最近はショートムービーなどが流行っているので、短い音声でも普通に聞かれます。

自分にとって丁度良い尺を決めておけば、スムーズに収録ができます。

キャラクターの統一

音声配信ではキャラクターを統一された方が聞いている方が安心できます。

しかし、日によって気分が変わるので、キャラクターがブレることは仕方ないです。

どのようなテーマで発信していくか、コンセプトも結構重要な部分です。

投稿時間を意識する

投稿時間は夜より昼間に投稿した方が反応が良い傾向があります。

できれば投稿時間を統一した方がより音声は聞かれやすくなるでしょう。

まとめ

音声配信で何を話すかや聞かれる為のコツを紹介しました。

今後は音声配信が主流になっていくので、上手く攻略することが大事だと思います。

タイトルとURLをコピーしました