起業したいけどネタやスキルがないの解決策

脱サラ

・起業したいけどネタがない

・スキルや経験が0

という悩みはよくあるでしょう。

独立をして、自由な働き方をしたいと憧れる方は増えています。

起業したいけど、ネタやスキルがない場合はどうすれば良いか?について紹介します。

起業したいけどネタやアイデアがない場合

基本的に起業はネタがアイデアがなくてもできます。

しかし、スキルや経験が0の場合、何をすれば良いか分からない。

というのはあるでしょう。

起業と一言でいっても、

・店舗経営

・せどり

・個人事業主

・フリーランス

など様々な種類があります。

個人的に、おすすめなのがインターネットを使ったビジネスをすることです。

主に、ブログやsns、youtuber、webライター等が挙げられます。

これらは、失敗をしてもリスクが低く、知識経験をマネタイズできるからです。

つまりブログやyoutubeで発信するだけでも、小さな起業といえるのです。

0からの場合、そのような手軽に始められるものをやるのが理想的です。

とはいえ、最初から上手くいくことはほとんどないので、実践を積みつつ

徐々に自分に合った効率的な方法を覚えていくと良いでしょう。

起業する上で重要なこととは?

起業する上で大事なことは、人脈より市場を意識するということです。

自分の好きなことをやろうとして、失敗するパターンは多いです。

これが、自分の中の常識と世界の認知のズレです。

趣味や得意なことが需要があるとは限りません。

ビジネスは、価値のあるサービスを作ったり、悩みやコンプレックスを解消するものです。

まずはどのようなビジネスモデルがあるか情報収集をしたりして

リスクを下げつつ小さく行動していくことが大切です。

専門分野とか発信するものがある場合、ネットの起業では有利です。

 

起業する時に身に付けたいスキル

現実的にいうと、スキルが全くなければ、副業や起業は難しいです。

クラウドソーシング等も、何らかのスキルを仕事に繋げていくという働き方です。

起業する時に身に付けたいスキルは、まずライティングです。

ブログにしてもそうですが、文章を書くということは全ての基本になります。

結論から書いたり、わかりやすさがwebライティングでは大切です。

言語化して伝える能力は、音声発信やセールスなどでも必須です。

効率よく集客する為のマーケティングやseoなども勉強しておいた方が良いでしょう。

プログラミングなども出来ると便利ではありますが、上記と比べると優先度は低いです。

スキルを身に付けるのは時間が掛かるので地道に学ぶことが大事です。

まとめ

ネタやスキルがないけど起業したい場合に、何をすれば良いかを解説しました。

独立の道は簡単ではないですが、参考になればと思います。

タイトルとURLをコピーしました