20代のうちにやるべきことは遊びだけじゃない。

若い内に遊んでおけば良かった。とはよくいいますよね?

しかし若いうちは、それよりもっと優先度が高いことはあります。

20代のうちにやっておいた方が良いを紹介します。

 

20代のうちにやっておいたほうが良いこと。

バイトや色んな職種を経験する。

20代のうちにやっておいたほうが良いことは、バイト含めて色んな仕事を経験することです。

30代になると、バイトや正社員は採用されにくくなってきます。

よって働けるうちに働いていた方が、社会経験が出来ると思うのです。

どのような仕組みで、世の中が回っているかとか、色んな気付きがあります。

いきなりフリーランスになるより、職場の中で人間関係やスキルを身に付ける。

ということが後々に生きてくると思います。

ビジネス書を読む

20代の若い内に色んな本を読んでおくと、人生を有利に立ち回ることが出来ます。

ビジネス書は、上手く行っている人の考え方を数時間で学べます。

だいたいは、行動しようとか失敗から学ぼうとかそんな感じですが、

若い方が新しいことに挑戦するにも、圧倒的に有利です。

本は自己投資としては、リターンが得られやすいのでコスパは良いです。

自分を成長させる為の資格やスキルを学んでおくことは重要です。

ブログやSNSでの情報発信

今の時代、誰でも気軽に情報発信をすることが出来ます。

特にブログやyoutubeはストック性があるので、コツコツ積み上げると

後々、コンテンツが資産になってきます。

またsnsのフォロワーを伸ばすと、それが影響力や信用に繋がる場合もあります。

情報発信は何かとメリットが大きいので、やっておいて損はないでしょう。

見た目に気を使う

20代の内にファッションセンスなどを磨くことは大切です。

見た目が良くなれば外出も捗りますし、出会いにも繋がります。

ファストファッションでも、シンプルに揃えれば清潔感が出るので

第一印象はわりと大切です。

肌のアンチエイジングなども、若い頃から気を使っていると、差が出ます。

あとは一人で遠出をしたり、旅行に行くのも良い経験になります。

 

30代でも十分遊べる

20代のうちに遊んでおいた方が良いのはありますが、30代でも遊ぼうと思えば遊べます。

30代になってみて思うのが、意外と30代は若い。ということです。

たしかに20代の頃より、体力は衰えたりしてきますが、人生全体で見ると若いです。

経験が蓄積されてその分出来ることも増えるので、30代は結構楽しいですよ。

20代の内に素養を積んでおくと、良い感じに時間が浮いたりするので

余裕のある30代を目指すのもアリだと思います。

まとめ

20代の内にやっておいた方が良いことを紹介しました。

若い時間は戻らないので、振り返ってみると貴重だったなと感じます。

タイトルとURLをコピーしました