ツイッターで発信することがないの解決策。

未分類

今はsnsを使い発信することが重要視されている時代です。

・ツイッターをしているけど発信することがない

・気軽に呟けない

という悩みはよくあると思います。

ツイッターで発信することがないの解決策を紹介します。

ツイッターで何を発信するべきか?

ツイッターで発信するべき内容は以下です。

・役に立つこと

・何気ない気づき

・専門的な知識

・自分のこと

・頑張っていること

等..

 

ツイッターは1行とか2行でもつぶやくことが出来るので、

思いついたことをただつぶやく。というのもアリです。

日記やメモのような使い方をするのも一つの方法です。

 

しかし自分をフォローをしている人は役に立つ情報を求めている場合が多いです。

よって今興味があることや専門的な発信をしていくのが理想です。

SNSでは、自分が何者なのか?ということを知ってもらうことも大切です。

人は共通点があることに対して好感を覚えたりするものです。

過去やストーリーを語ることで、ブランディングが強化されていくことに繋がります。

ネタはいくらでもある

ツイートのネタはいくらでもあります。

例えば、

・ニュースやトレンド

・日常生活の中

・自分のブログ記事

等..

気になるニュースやトレンドについて言及するのも良いでしょう。

ただ、トレンドは拡散しやすいので、節度ある発言をした方が良いです。

自分のブログ記事の内容を140字以内にまとめて、発信するのもアリです。

逆にツイートを深彫して、記事するという方法もあります。

タグを付けて発信をする

自分のツイートにタグを付けて発信をすることで、その内容に興味がある人に届きます。

例えば、ブログ運営に関するツイートする場合は#ブログ #ブログ初心者。

等といった感じですね。

 

気軽にツイートが出来ない時の対策

周りの目が気になって気軽にツイートができない時はよくあるでしょう。

特にフォロワーが多くなければなるほど、気を使います。

ある意味、ネットが現実に近くなってきているのです。

 

気軽に呟けない時は

・サブアカウントを作る

・リプライを無しにする

 

というのが有効でしょう。

要は自分のことを知っている人が居なければ、気軽につぶやくことが出来るのです。

いいねや反応がなくても気にしなくてもいいと思います。

あとは、リプライを無しにするという機能もあるので、上手く使うことが大事です。

情報を扱う上でも発信者のリテラシーの高さというのは求められます。

まとめ

ツイッターは上手く使えば、認知を高めたり便利なツールになります。

その分拡散する力も高いので、考えた上でツイートすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました