アフィリエイト=怪しいという間違った見方。

ブログ

一般の方にはアフィリエイト=怪しい。というイメージはあるでしょう。

しかしその見方は間違っており、実際とは異なります。

アフィリエイトがどういうものか解説していきたいと思います。

アフィリエイト=広告ビジネス

アフィリエイトはれっきとした広告ビジネスです。

ASPから案件を選び、ブログに貼ってそこから商品が購入されたりしたら

成果が発生します。

ブログはどのジャンルで発信をしていくかということが重要になってきます。

検索エンジンで上位表示をすることができれば、自動で集客することが出来るので

ネット上に自動販売機を設置するようなイメージです。

アフィリエイトASPには大きな企業も広告を出しているので、信頼性は高いといえます。

アフィリエイトは怪しいくらいが丁度良いかも

アフィリエイトやネットビジネスは、怪しいイメージがあります。

恐らくそれは、普通の労働に比べるとネットの歴史がまだ短いからだと思います。

そして、店舗などに比べると情報というものは実態がありません。

ネットの世界は、情報の伝達スピードが早く、ある意味非常識な世界です。

1つブログ記事が100回以上を読まれることもあり、レジバッジが効きます。

アフィリエイターという仕事がもっと一般的になれば、

就職のように競争が激しくなり、並の実力では勝てなくなります。

既にアフィリエイトは参入者が多くなり、難しくなっていますが、

上手く穴場を攻めていくことでSEOで上位表示することは可能です。

まだアフィリエイトは怪しいと思われているくらいが丁度良いのです。

アフィリエイトの勉強は無料でできる。

アフィリエイトが怪しいというイメージは、塾や商材などから来ているかもしれません。

しかし、アフィリエイトの勉強は無料ですることが出来ます。

今はブログやyoutubeなどで有益な情報を発信している方も沢山いるので、

そういったノウハウを参考にすれば十分だと思います。

記事構成などを読みやすく工夫することは大切です。

楽して稼げるといった類のものではなく、それなりの努力や継続力が必要になってきます。

大事なのは、勉強することよりも記事を書いて行動することです。

色んなノウハウが出回っていますが、実践の中から学び改善を繰り返していくのが一番です。

アフィリエイトほど優秀なビジネスはない

アフィリエイトは非常に低リスクで始める事ができます。

・初期費用や維持費が安い

・失敗しても時間を失うだけ。

・場所の制約がない

・撤退も簡単

 

パソコンさえあれば、文字を打つことで0から価値を生み出すことができて

個人で小さく起業することが出来ます。

なかなかこのような優秀なビジネスモデルはないので、怪しいと思っているとわりと損です。

参入障壁が低く誰でも出来るので、その分挫折率も高いです。

 

しかし、アフィリエイトは稼げなかったとしても、スキルが身に付きます。

広告や文章を書くということは、奥が深くて学べることが多いのです。

ライティングやwebマーケティングなどのスキルは汎用性が高く、他にも活かせます。

まとめ

アフィリエイトは少しずつクリーンなイメージに変わってきていると思います。

パソコンだけで出来て、失敗してもリスクが低いというのがメリットです。

タイトルとURLをコピーしました