プレッシャーのない仕事は何がある?【精神的に楽】

未分類

プレッシャーのない仕事がやりたいと感じている人は多いでしょう、

仕事である以上、完全にストレスがないというのは難しいでしょうが

比較的、プレッシャーの少ない仕事を紹介します。

 

精神的に楽な仕事とは?

・人間関係が楽

・ハードワークじゃない

・時間の融通が効く

 

このような要素があるでしょう。

基本的にプレッシャーというものは、見られることを意識すると生じます。

また失敗することへの恐れもプレッシャーになります。

よって精神的に楽な仕事をしていきたいなら、一人で完結できる仕事が理想です。

 

プレッシャーの少ない仕事

ブロガー、アフィリエイター

ブロガーやアフィリエイターは一人で黙々と作業をすることが出来るので

比較的、プレッシャーの少ない仕事だと言えるでしょう。

成果を上げることは簡単ではありませんが、失敗してもリスクはほとんどありません。

ブログは顔出しをしたりする必要もなく、文章を書くだけで情報発信が出来ます。

ネットは時間的にも場所にも制約がないので、自由な働き方が可能です。

軽作業系

工場や品出しなど軽作業系の仕事もプレッシャーは少ないです。

ミスをすることなく、普通に作業をこなすことができればコミュニケーションが苦手でも働けます。

夜勤なら時給も良くなりますし、人が少ないので気楽に働くことが出来ます。

デスクワーク系

デスクワークといっても様々なものがありますが、事務系は楽だと思います。

ノルマや人間関係がキツイ場合もあるので、一概にはいえませんが。

立ち仕事よりも体力的な負担は少ないでしょう。

 

その他、警備や運送系などもストレスは少なそうですが、割愛させてもらいます。

 

どんな仕事もプレッシャーはある

どんな仕事もプレッシャーやストレスは避けられません。

例えば、ブロガーなら検索順位が落ちることの不安や記事が読まれることへの

プレッシャーがあります。

やはり自分が好きなことを仕事にするというのが理想です。

単純にプレッシャーよりも、楽しさの方が上回るからです。

働く上で適度なストレスは刺激になるので、多少は必要だと感じています。

オンオフの切り替えが大事

プレッシャーと上手く向き合うには、オンオフの切り替えが大事です。

忙しく働いているとストレスが溜まりプレッシャーに弱くなります。

自分は遊びに行ったりゲームをすることでストレス解消しています。

1日の中で、集中できる時間が限られているので効率化を考えて働くことが大事です。

まとめ

比較的、ストレスやプレッシャーの少ない仕事を紹介しました。

オンオフを切り替えたり、上手くマネジメントしていくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました