フリーランスが増えすぎている理由とそのリスク。

年々、フリーランスは増えてきており、人気のある働き方です。

私も一応、フリーランスとして活動をしています。

なぜフリーランスが増えているのか?とそのリスクを紹介します。

フリーランスが増えすぎている理由

副業ブーム

フリーランスが増えてきている理由の一つとして副業ブームが挙げられます。

コロナでリモートワークが主流になり、家に居ながら仕事をするというのが当たり前になりました。

そして、副業についてyoutube等で発信している方も増えてきています。

そういった影響もあり、会社以外の収入源を確保する為に、フリーランスという働き方が見直されているのです。

楽そうなイメージがあるから

フリーランスというと一見、自由な働き方で楽そうなイメージがあります。

確かに会社員に比べると、時間的、場所的に制約がない働き方が出来るのですが

個人で生きていくというのは、決して楽ではありません。

セミリタイアやfireが流行っているのも、同じような背景があるでしょう。

時代の空気感というものが、頑張らずに生きていこう的な感じなのです。

キラキラしたイメージがあるフリーランスですが、

やることは毎日文章を書いたり意外と地味な作業の繰り返しです。

単純に効率的だから

フリーランスは、時間と労働力の切り売りではなくて、自分のスキルや頑張った分だけの

リターンがあります。

また自分の作業がネットにストックされたりするので、資産性もあります。

発信をすればするほど、snsで人脈が増えたり影響力が得られます。

要は、会社ではなくて、自分の為に働くことが出来るのです。

そういった意味で、賢い人ほどフリーランスの方が効率の良い働き方だと気づくのです。

 

フリーランスが増すぎるリスク

競争が激しくなる

フリーランスが増えすぎると、おのずと競争が激しくなります。

既にブログなどはSEOが難しくなり、市場が飽和してきています。

つまり半端なスキルでは、稼ぐことが難しくなっていきます。

今後はいかに、ニッチなジャンルを攻めていくかとか穴場を探る発信方法になります。

情報に溢れかえる

今は誰でもSNSなどで気軽に情報を発信することが出来る時代です。

フリーランスが増えすぎると、情報に溢れかえるということが予想できます。

その中でいかに正しい情報を見分けるかという、取捨選択が重要です。

社会性が低くなる

フリーランスの仕事は一人でも完結することが出来ます。

よって個人主義が進んでいき、社会性がなくなるというリスクがあります。

孤独にならない為にはsnsやコミュニティなどで、適度に繋がりを持つことは大事だと思います。

 

フリーランスはまだまだチャンスがある

確かにフリーランスは増えてきてますが、まだまだチャンスはあります。

なぜかというと、世の中的にはフリーランスより普通に働いてる割合の方が多いからです。

現実では、ブログやyoutubeを専業にしているとかあまり聞きませんよね。

就職せずフリーランスになるのは、リスクもあるので一定の勇気が必要です。

自分の好きなことや適正などを生かすことができれば、活躍することも可能だと思います。

まとめ

フリーランスが増えてすぎている理由とリスクを紹介しました。

これからはネットが主流になっていくので、まだまだチャンスはあります。

タイトルとURLをコピーしました