自分に自信をつける方法5選【簡単】

・自分に自信が持てない。

・ネガティブに考えてしまう

という悩みはあるでしょう。

自分に自信を付ける方法を実体験を元に紹介したいと思います。

 

自分に自信を付ける方法5選

得意分野を伸ばす

自分に自信を付けるには、本を読んだり勉强をして得意分野を伸ばす。

というのが有効です。

何か突出した部分があれば、周りとの差別化になり自信に繋がるからです。

スポーツとか音楽とかビジネスとかなんでも良いので強みを伸ばしましょう。

好きなことや得意なことなら、自信が持てるようになりやすいです。

努力や行動を積み重ねる

誰しも最初から自信はありません。

積極的な行動を積み重ねることによって、少しずつ自信が付いてくるものです。

行動すれば成功体験が得られたりするので、その繰り返しによって信念に変わっていきます。

まずは小さな目標を決めて、それを達成する為に行動すると良いでしょう。

努力は必ず報われるとは限りませんが、何かの糧にはなります。

見た目を整える

ファッションや見た目を整えるとセルフイメージが上がるので

自信を持つことに繋がります。

筋トレやダイエットなどで、スタイルが良くなると自信が持てるようになります。

見た目が良くなると外出も機会も増えて、新たなチャンスにも繋がっていきます。

服装というのは努力で改善できる部分なので、見た目を整えるのは効果的です。

デキると思い込む

なんでも出来ないとか難しい。と考えていると、自信はなくなっていきます。

やってみなければわからないことは沢山はあります。

デキると思い込むことで、物事を楽観的に考えることができて

やってみると意外と大したことないということがわかってくるのです。

言葉の力というものは、凄いのでプラスの暗示を掛けることは大事です。

比較をしない

比較するということは、自信をなくすことに繋がります。

自分より能力が優れている人は世の中いくらでもいます。

競争をしたり上を見上げた所でキリがないのです。

それよりも過去の自分より少しでも成長しているかどうかの方が重要です。

比較してしまう環境からは身を引くというのもアリです。

謙虚さは大切

自信を持ちすぎると傲慢になるので、ほどほどが丁度良いです。

謙虚が方が好かれやすくなりますし、実力がある人ほど腰が低いのです。

ポジティブが仕事や人生では良いとされやすいですが、

ネガティブ思考は、悩みを理解できるという利点があります。

私は上手く行っていて調子が良い時ほど、謙虚になることを意識しています。

無理して自信を持つ必要はなくて、自然体が一番だと思います。

まとめ

自分に自信を持つための方法を簡単に紹介しました。

小さな行動を継続していくことで、少しずつ自信は付いていきます。

タイトルとURLをコピーしました