適当に生きるコツ【楽しい】

世の中、頑張りすぎる傾向がありますが、僕は結構適当に生きています。

適当といっても、怠けたり楽をしているわけではありません。

今回は適当に楽しく生きるコツを紹介します。

適当に生きるコツ

適当に生きるコツは、

・何者かにならない

・仕事を分散する

・ストックを作る

・周りを気にしない

 

何者かを目指さないことが適当に生きるコツです。

影響力のある有名人になると、適当に生きることは難しくなります。

抱えるものが大きくなると、実はできないことが増えていきます。

無名の方がかえって自由であり、スキルを高めれば問題はないのです。

 

仕事は一つにまとめずに分散するのをおすすめします。

たとえば、ブロガーだからといって、ブログで稼ぐことに拘らなくてもよくて

ツイッターでも、youtubeでもアルバイトでもいいわけです。

ビジネスの効率的にいうと文字書きより動画投稿の方が手軽です。

色んなところに張っておくことで、リスクヘッジになり、負荷が軽くなります。

 

世間では長時間働くほど良いという風潮はありますが、

ネット上にコンテンツのストックを作っておけば

そこまで働かなくても価値を与えることはできます。

ブログにしても一度書いた記事が残り、寝ている時でも読まれ続けます。

ただガムシャラに頑張るだけでなく、働き方の工夫すると良いでしょう。

労働時間が長くなれば、なるほどストレスも増える為、マイペースに働くのが肝です。

仕事は金よりやりがい

仕事はお金も大事ですが、やりがいを持てるかが重要です。

いくら給料が高くても、人間関係がキツく働き詰めだと、幸福度は下がると思うのです。

毎日働く中で、その仕事にやりがいが持てなければ、人生はつまらなくなります。

夢中になれることや情熱をもって取り組めるようなことに日々没頭する中で、

結果として報酬が付いてくるような働き方が理想です。

本当に好きなことなら、1日中やっていてもそこまで苦ではありません。

その仕事が楽しいかどうか自分に合っているかどうかが大切なのです。

適当に新しいことに挑戦する

同じことを繰り返していると、飽きるのも早いです。

日常の飽きやマンネリを打開するには、適当に挑戦するのがおすすめです。

例えば、気になるSNSをやってみるとか、普段行かない場所に行ってみるとかですね。

そして飽きたり上手くいかなければやめて、違うことをすればいいのです。

チャレンジのハードルをとことん下げるのがコツです。

新しいことをすれば、経験値が増えるので、結果として人生が豊かになりやすいです。

適当に生きればいいと思う。

世の中、甘くないとよくいいますが、単純に不器用なだけだと思うのです。

やはり世間体に縛られている場合が多いからでしょう。

1つ職場で、何十年も勤め上げるとか自分には無理ですね。

承認欲求とか周りにどう見られるかとかそういうのを捨てて、

合理的に行動をすれば、わりと抜け道は多いのです。

インターネットが発展した時代においては、生き方の柔軟さがポイントです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました