ブログ書くのが辛いと感じる時の解決策

ブログを書くのが辛いと感じる時は少なくないでしょう。

記事を作成するのはそれなりに手間が掛かる作業です。

今回はブログを書くのが辛い時の解決策を書いていきます。

ブログ書くのが辛い原因

ブログを書くということは楽ではなくて、キツいと感じることもあります。

書くのが辛い原因は

・ネタがない時

・本音が書けない時

・成果が出ない時

 

ブログを書くのが辛いと感じる原因は、書くことがなかったり成果が出ない時です。

最初は趣味でブログを始めたとしても、徐々に更新が義務感になっていくこともあります。

文章に限らず、自分を表現するということは勇気が必要です。

なのでブログが続かなくてやめていくようなパターンは少なくないです。

そこを乗り越えた時に違う景色が見えてきます。

ブログ書くのがしんどい時の対処法

他のことをする。

ブログを書くのがしんどい時は、他のことをしてみると良いでしょう。

たとえば、ゲームをしたり、youtubeをやるとか…

他のことをすることで気が紛れて、再びモチベーションが上がる時はあります。

ブログが向いていないのであれば、他の発信方法を試してみるのも一つの手です。

 

気合いでブログを書く

ブログを書くのが辛い時こそ、気合いでブログを書くというのもおすすめです。

何もしない方がかえって疲れるもので、書くことで楽になることもあります。

得意なことや書きやすいジャンルを中心に記事を書いていくと良いと思います。

甘えを無くすとスムーズに言葉が出てくるようになります。

 

気分転換をする。

ブログを書くことに疲れた時は、気分転換をすると良いでしょう。

軽く散歩をするとか、ドライブをするとか、本を読む等..

家に居るよりも適度に外出をした方が良いアイデアは思い浮かびやすくなります。

オンオフのメリハリを付けることで、執筆作業が捗ります。

短い文章を書く

長くてクオリティの高い記事を書こうとするとハードルが高くなります。

完璧を求めるとなかなかアウトプット出来ないこともあります。

そういう時は500文字くらいの記事を書くのも良いでしょう。

短い文章でも何らか書く習慣を付けておくことは大事です。

ブログを頑張れば得るものはある。

ブログを書くのは楽ではなくて、地道な作業の繰り返しです。

記事の執筆は、思った以上に頭を使います。

しかしブログを頑張れば、その分得られるものはあります。

ライティングスキルが身に付いたり、書いた記事は資産になります。

経験上、ブログを書く努力は無駄にならず何かに活かすことができます。

タイトルとURLをコピーしました