フロー型とストック型のコンテンツを使い分ける。

情報発信をしていく上でフロー型とストック型の発信を使い分けることは大切です。

フロー型とストック型のコンテンツを違いについて解説します。

 

フロー型の発信とは?

フロー型は、Twitterやsnsなどで発信するコンテンツのことをいいます。

ブログでも時事ネタやトレンド記事はフロー型の発信になります。

 

普通のアルバイト等の労働もフロー型の働き方に分類されます。

 

フロー型の特徴として、

・その場で消費される

・資産にならない。

フローの字のごとく流れていくという特徴があります。

 

ツイートなどもタイムラインで流れていきますよね。

フロー型のコンテンツは短期的に成果が出やすいのですが、

資産にならないので、長期的に読まれたりすることは少ないです。

 

ストック型の発信とは?

ストック型の発信は、ブログやyoutube、メルマガのステップメール等..

資産性に優れていて、自動化できるようなコンテンツのことをいいます。

 

ブログの記事は一度書いてしまえば、検索エンジンから読まれ続けることもあります。

そういう意味ではストック性に優れているのです。

長期的に読まれるような記事を書くには、それなりにコンテンツの質も求められます。

 

ストック型の特徴として

・ネット上に溜まっていく

・長期的に読まれる

・普遍的なコンテンツ

といった特性があります。

 

フロー型とストック型を組み合わせる

情報発信は、フロー型とストック型を組み合わせることが大切です。

ストック型のコンテンツで仕組みを作っていくことも大事ですが、

最初の内は、フロー型を中心に労働をしていく必要があります。

コンテンツのストックが溜まってくると、徐々に時間的な自由が生まれるようになります。

浮いた時間で、勉強をしたり、自分を成長させていくことが大切です。

過去のストックだけだと頼りない部分があるので、フロー型を合わせることで相乗効果を生みます。

ストック型を意識すると楽になる。

人生はストック型を意識すると、時間の経過とともに楽になっていきます。

経験や知識、コンテンツがストックされることにより、生き方にゆとりが出ます。

逆にフローだけに頼ると、いつまで経っても楽になることはないのです。

継続的に価値を生み出してくれる、事業資産として残るものがないからです。

ブログを書くということは、ストックを溜めていくことに繋がるので大いに意味があります。

まとめ

フロー型とストック型の発信の違いについて解説をしました。

両方の特性を理解しつつ、使い分けていくことが大切だと思います。

タイトルとURLをコピーしました