仕事がマンネリでやる気出ない時の打開策

・仕事がマンネリ化している

・成長を感じられない

と感じることはよくあるでしょう。

仕事がマンネリでやる気が出ない時の打開策を紹介します。

仕事がマンネリでつまらない時とは?

仕事がマンネリでつまらない時は以下です。

・同じことの繰り返し

・その仕事に飽きた

 

どれだけ好きな仕事でも同じことを繰り返していると飽きてきます。

たとえばブログでも100記事、1000記事書いていると

だいたいパターンが分かってきてマンネリ化していくのです。

それでも成果に繋がるので書き続けているというのはありますが。

仕事は最初の始めた時よりも慣れてきた時にマンネリを感じたりしがちです。

クリエイティブな作品創りではなくて、単なる流れ作業になってしまいます。

燃え尽き症候群といって、目標を達成した時にもやる気がなくなりがちです。

仕事がマンネリでやる気が出ない時の打開策

新しいことを体験する

仕事がマンネリ化している時は、何か新しいことを始めると良いです。

ゲームとかスポーツとか慣れていることよりも新しいことを体験すると

脳がマンネリを感じにくくなります。

行ったことがない場所に行ってみるというのも良いかもしれません。

趣味や楽しいことを見つければ、仕事にも張りが出てきたりすることが多いです。

さらにスキルを高める

自分に成長を感じられない時は、スキルを高めるというのが有効です。

たとえば、資格を取るとか、プログラミングを学んでみるとかですね。

スキルアップをすれば、仕事の幅が広がったり出来ることが増えるので

マンネリを打開することに繋がります。

中でも読書は、知識をインプット出来てやる気を高める為にも使えます。

メンタルブロックを外す

仕事がマンネリ化してつまらない時は心にブレーキが掛かっている場合が多いです。

メンタルブロックは、思い込みや不安によって、自分を抑え込むという心の働きです。

人は変わりたいと思っていても無意識の内にブレーキを掛けてしまいがちです。

積極的な行動によって、現状を打破していくことが大切です。

楽しさは何気ない日常の中にある。

仕事やつまらないと感じている時は、幸福のハードルが上がっている可能性が高いです。

世の中上を見るとキリがなくて、求めるほどに満たされなくなっていきます。

仕事こそ全てと考えているとストレスが溜まったり息抜きすることを忘れがちです。

ビジネス等で上手く行っている人でも、意外とつまらないと感じていることは多いのです。

自分の中で幸福は、平日の昼間からフラフラ出かけるとか些細な所にあると思っていて

当たり前の日常を有り難く思えることが真の幸せなのかもしれません。

まとめ

仕事がつまらないとかマンネリを感じることはよくあります。

自分の中で気分転換する方法などを見つけて、モチベーションを保つことが大事です。

 

タイトルとURLをコピーしました