ネットの情報を鵜呑みにしないことの大切さ

未分類

今はブログやsnsなど様々な角度から情報が入ってくる時代ですが、

何を取り入れるべきか分かりにくくなっている側面はあります。

ネットの情報をアテにしないことは大切だという話をします。

ネットの情報を鵜呑みにしないことは大切

ネットの情報を鵜呑みにしないことは非常に大切です。

今はブログやsnsで誰でも気軽に発信することができる時代ですから、

大した責任が伴っておらず、適当な情報発信も多いです。

その情報が必ずしも正しいとは限らず、間違っている場合もあります。

メディアやテレビニュースは不安を煽るようなものも多いです。

そっちの方が注目が集まりやすくアクセスが伸びるからです。

僕の意見含め、こういう考え方もあるよねくらいに聞き流す程度が一番。

それよりも専門的な知識が身に付くような本とか、信頼できるような人など

ちゃんとした情報源を確保するということが大切なのです。

本当に使えるノウハウは出回ってない

本当に使えるようなノウハウは表に出回ってない場合が多いです。

教えてライバルを増やすより、自分で実践した方がよいですからね。

本当に大事なことは、サロンとかクローズド媒体でシェアされていたり

表に出回っていない場合が多いのです。

使えるノウハウとは、試行錯誤をしたり実践の中からしか得ることは出来ないので

やってみて失敗して、自分なりに突破口を見つけてその中から学んでいくのです。

ネットの世界は移り変わりが早いので、その都度変わっていきます。

ブログよりもゲームをするのが良い場合もあるでしょう。

色んなところに、広く浅く張っておくことが大切だと考えてます。

楽して稼ぐことはできない

よくネットで楽して稼げる的な情報を見かけることはあります。

確かにブログは広告が貼れたり資産性があり、そういう側面もありますが、

何年も掛けてサイトや仕組みを作ったり、記事を積み重ねた上で

多少楽になっていくという感覚が得られる程度です。

最初から楽しようとすると、記事やスキルも蓄積していかないため

基本的には上手くいきません。

音楽やスポーツも上手くなるには何年もかかりますが、それと一緒です。

フリーランスや独立は基本的には、労働集約であり、かなりの作業量が求められます。

そして、ライティングやSEOなどのスキルも必要になってきます。

楽して稼ぐという、半端な考えは捨てた方が良いかと思われます。

シンプルに考えれば良い

物事はシンプルに考えれば、だいたい上手くいくのです。

真っ直ぐ生きられないから物事を複雑化して、難しくしているだけ。

現状を良くするために重要なのは、行動することだけ。

いかに効率的に量をこなすかとか、アウトプットしていくかを工夫することが大事で

本やネットなどの無駄な情報に惑われるがあまり、本質を見失ってしまう

ことは多々あります。

結局は、決断や選択をするのは、自分自身であり周りの意見は関係ないのです。

ネット情報は参考程度にして、実践を重視していくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました