オンラインで仕事をするメリット。どんな働き方がベスト?

ネットを使ったオンラインの働き方を主流になってきていますが、

オンライン上で仕事をするメリット、デメリットを紹介します。

オンラインで仕事をするメリット

リーチできる範囲が広い

オンラインで仕事をするメリットとして、リーチできる範囲が広い。

というのがあります。

オフラインならその地域内などに限定されることが多いですが、

ネットの場合は、全世界を向けてビジネスをすることができる為、

非常にリーチできる範囲が広いのです。

通勤などの手間が掛からない

オンラインの仕事は、自宅に居ながらできる為、

通勤などの手間が掛かることがなく場所の制約のない働き方ができます。

基本的には、個人でできる為、ストレスがないこともメリットです。

趣味を仕事に繋げやすい

ブログや動画プラットフォームを使えば、趣味や好きなことを発信することも可能です。

自分の知識や得意分野で役に立つということが、オンラインの方がやりやすいのです。

趣味を仕事に繋げやすいかは、扱うテーマによって変わります。

 

オンライン仕事のデメリット

オンライン仕事のデメリットも少なからずあります。

・地味な作業

・仕事が不安定

 

やはりパソコンでする仕事は地味な作業の繰り返しなので

普通に働くよりも刺激がないというのがあります。

またアイデアを出したり、仕事を自分で獲得しなければならない為

仕事がない時は暇という時もあるでしょう。

 

オンラインでできる仕事は何がある?

クラウドソーシング

クラウドソーシング系のサイトはwebライターやクラウドソーシングなど

多様な案件があります。

スキルなどを生かしてフリーランスとして仕事をしたい時に最適です。

アフィリエイト

アフィリエイトはブログに広告を貼って、そこから商品が購入されれば

成果が上がるという仕組みです。

ドメインやサーバー代くらいの低コストで始められるというのがメリットです。

youtuber

youtubeなどの動画配信も流行っています。

エンタメ系やゲーム実況やvtuberなど様々なジャンルが確立されています。

広告や案件などでマネタイズをすることができます。

その他副業

・動画編集

・webデザイン

・翻訳

・せどり

等色々あります。

 

モノづくりから情報の生産へ。

これからの時代は、モノよりも情報が価値を持つような世の中になっていくと思うのです。

本も電子書籍が主流になったり、キャッシュレス決済が普及したり

モノを所有するよりもデーターとして、持っておくというのが今の傾向です。

その為、オンラインの仕事をした方が社会への貢献度は高くなります。

ネットの働き方には、様々な種類がありますが、基本的には情報発信が一番良いと感じています。

無形の資産として、保存できるのがブログや情報発信のメリットです。

 

タイトルとURLをコピーしました