メタバースでは何ができる?その可能性。

最近よくメタバースという言葉をよく耳にするようになりましたが、

具体的には、どういうものかよくわかりにくいイメージもあるでしょう。

メタバースでは何ができるの?という所と、その可能性を紹介します。

メタバースでは何ができる

メタバースでは主に

・コミュニケーション

・ワールドの探索

・アバターのファッション

などができます。

 

基本的には、メタバースという仮想空間の中で、ボイスチャットやジェスチャーなどで

コミュニケーションを取ったり、ワールドの探索をしたり自由に遊ぶことができます。

定期的にメタバース内で、ライブやイベントが開かれることもあり、

観る側として参加するだけでも面白いです。

アバターも着せ替えができたり、ショップなどで購入すれば色んな種類のものが使えます。

メタバース系のプラットフォームではVRChatが有名です。

VRChatは、全世界と繋がることができる為、英語が話せると良いかもしれません。

メタバース内で他にできること

僕が見た限りでは、

・オセロなどのゲーム

・バスケ

・カラオケ

・モニターを映してプレゼン

・飲み会

など色んなことができるようです。

 

モニターを映すことができるので、会議やプレゼンにも利用できます。

ヘッドセットを付けながらなので仕事ツールとして使うのは、まだ難しいかなと感じました。

 

メタバースをリアルに体感するにはvrヘッドセットが必要

スマホやPCでも、メタバースの世界で遊ぶことはできますが、

より鮮明にメタバースを体感するにはOculus quest2やHTC viveなどのvrデバイスが必要です。

アクセサリーを揃えると、値段がそれなりにするので、若干ハードルはあります。

メタバースをやって感じた可能性

メタバースを体験をして感じたのは、vrで見ると本当にそこに居るような感覚があり

非日常が心地良いということです。

夜景やロケーションの良いワールドが多い為、探索しているだけで癒しにもなります。

家に居ながら、旅行に行けたり、コミュニケーションが取れるので

暇つぶしには最適です。

 

メタバース内でできる接客や案内などのバイトがあるようですが、

働き方の選択肢もどんどん増えていくことでしょう。

アバターやワールドを作れるクリエイターの需要が高まってくるはずです。

 

まだ少し先だと思いますが、メタバースの世界は可能性に満ち溢れているので、

vrデバイスが手軽に手に入れられるようになれば、身近になっていくことも考えられますね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました