労働収入だけに頼らないことの大切さ。

頑張って働いているのに楽にならない・・という悩みは少なくないでしょう。

仕事をこなした量=価値の大きさではないです。

労働収入だけに頼らない働き方をすることに大切さについて書いていきます。

労働収入とは?

労働収入にもいくつか種類があります。

まず就職やアルバイトをして、働いて得られる給与所得です。

会社に自分の時間や労力を提供する代わりに報酬が貰えるという仕組みです。

スキルが要らないアルバイトというのは、働く為には手取り早い手段です。

フリーランスでもクラウドソーシングで案件をこなしたりする働き方は労働集約型です。

 

世の中の大半が労働収入をメインにしていると思われます。

労働集約型の働き方には、限界があり、働き続けなければ収入は得られません。

つまり労働だけに頼ると、時間的にも自由になれないということです。

ストック型の働き方をする

労働集約型以外の働き方は何があるかといいますと、

・ブログ

・メルマガ

・youtube

これらはストック型の働き方になります。

 

要は自分以外が働いてくれるコンテンツを作っていくことが大切なのです。

ブログ運営は、記事が積み重ねっていくと徐々に楽になっていきます。

Webライターとは違い、ブログは書いた記事が自分の資産になります。

記事が検索エンジンで上位表示できれば、自動でアクセスが来ます。

SNSはタイムラインで流れていくので、どちらかといえばフロー型に近いでしょう。

youtubeも動画をアップすれば、何もしていない時でも再生されます。

ストック型の働き方をすれば、仕事の手離れが良くなっていくのです。

浮いた時間で好きなことをしたり、他のメディアを育てていくことも可能でしょう。

つまり長期的に見ると資産になる働き方をした方が豊かになるということです。

仕事の量で価値は決まらない。

長時間働くのが良いみたいな風潮はありますが、仕事の量=価値の大きさではないです。

フリーランスでも作業量は大事なのですが、良い仕事ができるかどうかはアイデア次第です。

文字数が多ければ、その記事は価値が高いというわけでもないのです。

少ない文量でも、面白かったり要点がまとまっていれば良い記事といえます。

創造的なアイデアは適度な息抜きや遊びによって、生まれます。

webサイトを持っていれば、働いていない時でも価値を提供することは可能です。

無形の資産を活用する

無形の資産とは、ブログ記事等のコンテンツやスキル、経験、信頼のような目に見えない資産のことです。

ネットで無形資産を蓄積していくことは安心感に繋がります。

モノを所有するより、情報やコミュニティに価値がある時代です。

これらを有効に活用することで、自由度の高い働き方ができるのです。

 

タイトルとURLをコピーしました