急に文章が書けなくなった時の対策

未分類
元々、書くことは好きでも急に文章が書けなくなった・・・

こういう経験はよくあるでしょう。

今回は文章が書けなくなる原因や対策を紹介したいと思います。

文章が書けなくなる原因

文章が書けない時の原因は以下です。

・インプット不足

・ストレス

・考えすぎている

 

文章を書くということは、心理的なものも大きく関係しているので、

ストレスが溜まっていたりすると書けなくなる時はあります。

ライティングは意外と緻密な作業だと感じます。

普段の生き方や自信の有無なども、文章には現れます。

書く前に考えすぎて、行動に移せないというパターンもあるでしょう。

文章が書けない時の対策

外に出て気分転換をする

在宅ワークだと、椅子に座っている時間が長いのですが

ウォーキングをしたり外に出て気分転換をするというのは有効です。

リフレッシュして脳の疲れが取れると再び文章を書きたくなります。

インプットは、人と話したり、日常生活の中からでもできるのです。

色んな経験をすることで、ネタの引き出しは増えていきます。

とにかく書く

文章を書く気が起こらないな・・・・という時でも書き始めると

次々とタイピングが捗って1記事できるということは多々あります。

要は記事を書いている内に、メンタルブロックが外れるのです。

悩んだり考えすぎずに手を動かすというのも大切です。

得意なテーマで書く

文章が書けないのは、その分野に対する知識や経験が不足している場合が多いです。

自分が詳しいことなら、おのずと濃い記事を書くことができる為、

書けないということはなくなるはずです。

色んなジャンルの本を読んだりして、情報収集をするとか

コピーライティングなど文章構成を学ぶのも有効だといえるでしょう。

文章以外のアウトプットをする

どうしても書けないとか、飽きたと感じる時は

書くこと以外のアウトプットをするのは有効です。

たとえば、youtubeや音声配信やsnsなど発信の方法は色々あります。

他のアウトプット方法をすることで、息抜きになり結果として

執筆にも好影響が出たりするものです。

文章は気軽に書けばいい

文章を書くということに対して完璧を目指すほど、書けなくなっていきます。

上手く書こうとか、形式を意識しすぎると、本来の魅力がなくなります。

短くても毎日書く習慣をつけると、良いかもしれません。

少し日が空いたり、サボると書き方を忘れることはよくあります。

あまり肩肘を張りすぎずに、シンプルに考えを言語化するようにれば良いと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました