フリーランスが失敗しない為のマインド5つ。

会社を辞めてフリーランスになるケースは増えています。

しかし独立やフリーランスは上手くいかないことも少なくないです。

フリーランスが失敗しない為の考え方の部分を紹介していきます。

フリーランスになって失敗するパターン。

フリーランスになって失敗するケースは少なくないです。

独立したけど、思うような結果が出ずに会社員に戻るというパターンです。

 

いくつか原因が挙げられます。

・スキル、実力不足

・継続出来ていない

 

よくあるのがスキルや実力が足りないということです。

知識やスキルを身に付ける為にはそれなりに時間が掛かります。

結果が出なくても継続するということが大事になってくるでしょう。

経験を積むことで、ノウハウや効率的な方法が分かってきます。

フリーランスという働き方は自由度は高いですが、向き不向きがあります。

フリーランスが失敗しない為の考え方

自責マインドを持つ

フリーランスは自責思考のマインドを持つことが非常に大切です。

自責思考を持つと失敗も成功も、自分の撒いた種であるという風に考えられます。

他責思考は、自分以外や外部に問題があるという考え方です。

基本的にフリーランスは自責思考で主体的に行動していくことが重要です。

思い込みを無くす

世間体や思い込みはメンタルブロックに繋がります。

周りを気にするがあまり、やりたいことが出来なかったり..

メンタルブロックを外して行動するには、あらゆる思い込みをなくす必要があります。

よく思われたいとかプライドは捨てた方がスムーズに動くことができます。

スキルアップの勉強をする

フリーランスとして活躍する為にはスキルが必要です。

スキルを身に付けるには、読書をしたり勉強することが大切です。

ただノウハウコレクターにならないようにした方が良いです。

情報を頭に入れすぎると、かえって何をすればよいかわからなくなります。

ブログを書きつつマーケティングやライティングを身に付けるのも良いでしょう。

コツコツ作業をする

フリーランスは地道にコツコツ作業をすることが大切です。

使いやすいパソコン、デスク、椅子など在宅ワークの環境を整えると作業効率が上がります。

人脈を作るよりもコンテンツを生産することの方が優先度が高いです。

会社員のようにスケジュールが決まっているわけではないので、

いかにしてモチベーションを維持するかがポイントです。

適正や得意分野を活かす

フリーランスとして仕事をしていく上で適正や得意分野を活かすことは大切です。

例えば、ブログで趣味や得意ジャンルに関する記事を書くとかですね。

自分が苦手なことをしようとすると、ストレスになります。

趣味や好きなことを活かして仕事をすることで楽しく作業が出来るのです。

まとめ

フリーランスになって失敗しない為のマインドを紹介しました。

向き不向きはあるので自分の適性等を考えることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました