組織で働くのが向いてないと感じる時の解決策。

組織に属するのが向いていないと感じる時は少なくないでしょう。

自分も会社勤めには向いていないタイプで、在宅ワークをしています。

この記事では、組織に属して働くのが向いていない時の解決策を紹介します。

組織に属するのが向いていない特徴

人間関係が苦手

組織に属するのが向いていない特徴として、人間関係が苦手というのがあります。

集団の中で上手くやっていく為には、ある程度周りと合わせたり空気を読むスキルが必要です。

円滑な人間関係を築くには、コミュニケーション能力なども求められます。

丁度良い感じで立ち回れる方が組織には向いています。

単独行動が好き

単独行動が好きなのも、組織の中で仕事をするには、あまり向いていません。

会社で働くことに向いているのは世間体を気にしたり群れている方が安心するというタイプです。

在宅ワークや一人で淡々とできる仕事の方が能力を発揮できる可能性は高いです。

夜型の生活リズム

フルタイムの会社勤めは、基本的には朝型の方が向いています。

朝が弱くて、夜に集中できるようなタイプは会社員は向いていないです。

朝型か夜型かどうかは生まれつきの体質などもあるようです。

明確なビジョンがある。

例えば、FIRE生活をしたいとか成功して有名になりたいとか、

理想や思い描いているビジョンがある場合も組織には向いていません。

やりたいことを追求した方が充実した生き方が出来るでしょう。

明確な目標もないけど、とりあえず働くという場合は組織に向いています。

 

組織で働くことが向いていない時の解決策

組織で働くことが向いていない時は、

・フリーランス

・起業

・ブログ運営

・youtuber

 

等の選択肢があります。

組織に属するのが向いていないなら、ネットで起業をしたりフリーランスになる。

というのが有効でしょう。

youtuber、物販、クラウドソーシングなど副業は様々な種類があります。

ブログは自宅に居ながらでも、記事を書いたり作業をすることができます。

雇われるのが向いていないといって、働くことに向いていないわけではないです。

会社に属さない自由な生き方をするフリーランスは増えてきています。

自分に合った働き方をすることで、強みを活かすことができます。

個人の働き方に向いている性格

個人で働くことに向いている性格や特徴は

・淡々と継続が出来る

・主体性がある

・得意分野がある。

 

個人の働き方に向いている特徴は、物事を淡々と継続することができるということです。

成果が出るまで時間が掛かるので、長期的な目線を持つと良いでしょう。

自分で判断をしたり、流されず主体的に行動していくことが大切です。

スキルの勉強をしたり、得意なことを追求できるのもフリーランス向けの性格です。

タイトルとURLをコピーしました