過去記事リライトのメリットとやり方。

過去記事をリライトするのは面倒に感じることもあるでしょう。

ブログ運営をしていく上で定期的なメンテナンスも大事です。

この記事では、過去記事をリライトするメリットとやり方を紹介します。

過去記事をリライトするメリット

過去記事をリライトするメリットは、

・検索順位の改善に繋がる。

・情報が更新される。

 

記事をリライトするメリットは、検索順位が改善することがあるということです。

リライトをして、質を上げることで記事の資産としての価値は高まります。

新しく情報が更新がされていれば、サイトの評価も上がります。

リライトするという作業は新規記事を書くよりも労力は掛からないです。

視点や切り口を変えて、新しく書き直すというのもアリです。

 

記事リライトのやり方

新しい情報を入れる

過去記事のリライトする時は、新しい情報を入れると良いでしょう。

たまに過去に書いた記事を読み返すと、その時のことを思い出します。

昔と考え方が変わっている時はよくあるので、最新の情報を入れれば、

記事の鮮度を保つことができます。

経験を積んでスキルアップすれば、ノウハウも蓄積していくものです。

記事のボリュームを増やす

追記して、過去記事のボリュームを増やすというのも有効です。

文字数が少なければ、コンテンツが薄いと判断されることもあります。

記事の内容が充実していれば、SEO的にも良い効果があります。

画像を入れるということも記事のボリュームを増やすことに繋がります。

ただ、自分はそこまでデザインには拘っていないタイプです。

タイトルを変える

記事のタイトルというのは、SEOに最も影響する部分です。

タイトルを適当に付けると、検索流入は見込めないでしょう。

キーワード選定や興味を引くようなタイトルを付けたり、改善出来る部分はあります。

 

 

リライトは検索流入がある記事を優先する

リライトをする時は、検索エンジンからアクセスがある記事を優先した方が良いでしょう。

既にアクセスがあるということは、そこそこ良い記事が書けているということです。

少しリライトや追記をすれば、検索流入の改善に繋がるケースもあります。

クオリティや完成度を高めていくと

逆に検索流入が無い記事というのは、リライトしてもあまり変わらないことが多いと思います。

SEO対策で大事なこと

ブログのSEOは昔と比べると難しくなってきています。

ジャンルによっては企業のサイトが上位に出てくるので、SEO対策をしても

個人ブログではなかなか勝てない場合もあるでしょう。

ニッチなキーワードを狙っていくというのも一つのやり方です。

独自性やオリジナリティのある記事が評価される傾向があるので、

客観だけでなく主観を入れた記事を書いていくことが大事だと思います。

 

まとめ

過去記事のリライトのメリットとやり方を紹介しました。

リライトはサイトや記事の質を高めることに繋がります。

タイトルとURLをコピーしました