テキスト文化は衰退しない理由

ブログやメール等のテキスト文化は衰退すると思われている面はあるでしょう。

しかし、自分は文字媒体を中心としたテキスト文化は根強く残ると考えています。

この記事では、テキスト文化は衰退しない理由を紹介します。

テキスト文化は衰退しない理由

テキスト文化は衰退しない理由は、

・ブログとTwitterは発信媒体として強い

・顔出しの必要がない

・手軽にアウトプットできる。

 

テキスト文化が衰退しない理由としては、ブログやTwitterは発信媒体として人気が高い。

ということが挙げられます。

テキストはyoutubeのように顔出しの必要もなくリスク低く発信することができます。

動画の時代とも言われていますが、情報リテラシーが高い層はテキストを読むことを好む傾向があります。

文章を書くことは、タイピングをするだけで0から価値を生み出すことができます。

ブログはアウトプットする媒体としても有効なので、テキスト文化が衰退するということはないでしょう。

ブログの在り方の変化

ブログはオワコンと言われていた時期もありますが、新しく参入するブロガーは

増えてきています。

本来の個人ブログの良さというのは、自分語りや内面的な部分を知れることでしたが、

アフィリエイトや仕事ツールとして使われることが多くなりました。

これは、副業ブームやリモートワークの影響もあるでしょう。

SEOは企業などが参入してきて、上位表示が難しくなっているので

ブログは稼ぎにくくなってきています。

SEOだけに頼らず、SNSから集客するというのも一つの方法です。

動画とテキストの違い。

テキスト文化が衰退すると思われている理由として、youtubeの台頭があります。

youtubeで発信力を持つ、インフルエンサーが出てきたりしました。

動画は文章よりインプットが楽で暇つぶしの感覚で見れるのが利点です。

コンテンツの内容が充実していて、勉強になるような動画もあります。

ブログはyoutubeより収益化のハードルが低く、ASPの広告を貼ることができます。

テキストはリライトや手直しや効く為、コンテンツを管理しやすいのが利点です。

どちらも媒体としては優秀ですが、書くのが好きならブログは向いていると思います。

新しい文化も取り入れる

メタバースやNFTなどの新しい文化を取り入れるということも大切です。

ネットマーケティングの世界では、伸びる市場にポジティションを置くことが重要です。

SNSよりリアルでバーチャルなコミュニケーションに移行していきます。

会社に属するとか、古い働き方をしていると時代に取り残される場合もあるでしょう。

自分はサイトやテキストによる発信もしつつ、新しい文化も取り入れるということを意識しています。

 

タイトルとURLをコピーしました