遊んで暮らしたい心理。

会社に属したりせずに遊んで暮らしたいという心理は誰にでもあるでしょう。

この記事では、遊んで暮らしたいという心理等について語りたいと思います。

遊んで暮らしたい心理

遊んで暮らしたい心理としては、

・自由になりたい

・人生楽をしたい

・好きなことだけをしたい

 

なるべく嫌なことをせず、自分が好きなことをして生きていきたい。

というのが遊んで暮らしたいよくある心理でしょう。

早期リタイアやFIREを目指す若者が増えているのも、8時間労働をせず、

楽して生きていきたいからです。

ストレス社会において自由を求めるのは自然なことです。

実際に働かずに遊んで暮らすと、つまらないと感じることは多いと思います。

旅行や美味しいものを食べるというのも徐々に飽きてきます。

仕事をしたり価値を生み出して、社会貢献することで幸福感は得られるのです。

消費だけでなく、やりがいを持てる生産活動をした方がメリハリが出ます。

遊んで暮らすには?

現実的に遊んで暮らすには、それなりに資金的な余裕が必要です。

労働をして、まとまった貯蓄を作るというのも良いでしょう。

生まれつき、家が裕福だと遊んで暮らす為のハードルは低いです。

 

Webサイトやyoutube等、ネットメディアを運営するのも有効です。

ブログはストック型なので記事を書けば、資産になっていきます。

自分の代わりに働いてくれる仕組みを作ることで、

時間的、場所的に自由になっていくことができるのです。

 

会社員やフリーランスでも属人性の高い働き方をしていると、自由にはなれません。

労働集約で働き続けなければ、収入が無くなるからです。

ネット資産を構築するには、一定期間は地道に作業をしていく必要があります。

つまり遊んで暮らす為にも、楽な道はなくてそれなりに努力が要るということです。

生活レベルを上げなければ遊んで暮らせる

遊んで暮らすといっても、レベル感というものがあります。

旅行三昧とか派手な遊びをしようと思えば、なかなかハードルは高いです。

それなりに優秀であることやスキルが必要になるでしょう。

世の中にはSNSやネットサーフィン、VODのような安く楽しめるような娯楽は沢山あります。

生活レベルを上げなければ、少ない収入でも生活することはできますし、

遊んで暮らすことも可能です。

遊んで暮らすのが普通になる

遊んで暮らすというのは、特別なことではなく普通になってきている時代です。

例えば、youtuberはゲーム実況や遊んでいるようなエンタメ動画で稼いでたりしていますよね。

動画編集をしようと思えば、それなりに手間は掛かりますが、趣味や得意なことを仕事にできます。

テクノロジーが発展した現代においては、動画を使うのは効率の良い働き方といえます。

面白いことをSNSでシェアすることで、共感や価値が生まれます。

好きなことや経験を活かしてコンテンツを作成していくことが、

遊んで暮らす為には、ポイントになってくるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました