音声メディアの特性やメリットを紹介。

声だけで発信をすることができる、音声メディアは人気が出てきています。

この記事では、音声メディアの特性やメリットを紹介していきます。

音声メディアとは?

音声メディアとは、ラジオや音声で情報発信をすることができるサービスです。

SNSのようにフォロワー機能が付いている音声メディアもあります。

代表的な音声プラットフォームはVoicyやstandFM、Radiotalk等が挙げられます。

海外では音声配信は人気があるので、日本でも注目が集まっています。

音声メディアの特性やメリット

声で発信をすることができる

音声メディアの特徴として、声による発信がメインだということです。

喋るということは、書くことに比べると手間が掛からないのがメリットです。

スマホに向かって喋るだけでコンテンツを作成することが出来ます。

音声配信はテキストよりも感情や雰囲気が伝わりやすいです。

フリートークでもいけますが上手く話そうと思えば、台本を用意するのも有効です。

声は役立つ発信だけではなく、朗読や弾き語り等、様々な表現の仕方が出来ます。

収益化も可能

音声メディアは収益化をすることも可能です。

ギフトやメンバーシップ、有料配信などの機能が付いた音声メディアもあります。

広告によるマネタイズはブログの方が向いているといえます。

交流ができる。

音声メディアには多くのユーザーが居る為、繋がりができます。

様々なジャンルがあり、同じような価値観を持っていることも多いです。

交流が好きなら、音声プラットフォームは向いているといえるでしょう。

インプットが楽

音声メディアのメリットとして耳で聴いてインプット出来ることです。

テキスト媒体の場合は、インプットをする際に活字を読む必要がありますが

音声メディアなら、他のことをしながらでも聴くことができます。

インプットが楽で気軽に音声学習ができるのも人気の理由の一つです。

音声メディアのデメリット

属人性が高い

音声メディアのデメリットとして、属人性が高いということです。

これは他のSNS等も同じですが、フロー型の発信なのです。

基本的には、自分が発信をしなければ聴かれなくなっていきます。

ブログと違い、コンテンツを外注することも難しいです。

音声メディアはSNSに近い特性がある為、距離感が近いのが特徴です。

趣味として音声配信をする分には楽しいのですが、

仕事ツールとしてはテキストメディアの方が使いやすいと感じました。

リーチできる範囲が狭い。

ブログならGoogleという検索エンジンがあるので、リーチできる範囲は広いのですが、

音声メディアはそのプラットフォーム内のユーザーにしか届かないので、リーチできる範囲が限定的です。

拡散するには、SNS等で共有するという方法があります。

トークスキルが要る

音声メディアは喋りがメインなので、トークスキルが必要になってきます。

喋りが上手かったり声質が良ければ、人気が出やすいです。

自分が得意なことや興味のあるテーマなら話しやすいと思います。

トーク力は練習すれば、上達しますが、向き不向きはあるでしょう。

まとめ

音声メディアの特性やメリットを紹介しました。

声だけで発信できるのが利点であり、音声学習や様々な使い方ができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました