30代未経験からフリーランスになるには?

フリーランスは会社に属さず、個人で仕事をする働き方です。

在宅やカフェなど場所にとらわれない働き方が出来るのがフリーランスの利点です。

30代未経験からフリーランスになるにはどうすれば良いかについて書いていきます。

30代未経験からフリーランスになるには?

30代未経験からフリーランスになるには、スキルや知識が必要です。

具体的には

・ライティングスキル

・マーケティングスキル

・起業の知識

等です。

 

フリーランスは資格なども要らず誰でもなれます。

僕も30代からフリーランスになりましたが、普通にやっていけています。

 

フリーランスといっても、様々な仕事の種類があります。

 

独立をする際によく使われる媒体がワードプレスで作られたブログです。

ブログでライティングスキルを磨きながら情報発信をしていくのが良いでしょう。

ある程度、文章が書けると色んなことに応用が利きます。

 

他にはWEBライターやエンジニアなどクラウドソーシングで案件をこなしていく方法もあります。

仕事をした分だけ報酬を貰うことは出来ますが、労働集約型の働き方になります。

記事を資産にしていきたい場合はWEBライターよりブログ運営の方が良いです。

フリーランスで生きていく為のコツ

フリーランスで生きていく為のコツは

・スキルを勉強する

・行動し続ける

・たまに息抜きする

です。

 

自分の専門ジャンルを深めたり、スキルを高める為の勉強はしておくと良いでしょう。

そしてどんな形であれ行動し続けるということは大切です。

結果が出るとは限りませんが、頑張れば得るものはあります。

アウトプットをする発信媒体はブログに拘らず、Twitter、youtubeなど

様々な場所があります。

フリーランスになるには人脈を作らなければ、と思い込むことは多いです。

SNSの人脈を増やすことより大事なのは、コンテンツの作成に集中することです。

作業をしていると疲れる時はよくあるので、息抜きをすることも大切です。

30代からでも遅くはない

30代からフリーランスになるのは遅いと感じることもあるでしょう。

確かに、今は若くて優秀なフリーランスが沢山います。

若い方が柔軟な発想ができたり体力もあります。

自分の場合は、20代の頃は起業などに興味はなかったです。

30代であることの強みはこれまで仕事をしてきたことや人生経験です。

そういったものを活かせば、個性を出すことが出来ます。

新しいことを始めるのに遅いということはないのです。

フリーランスはやる気があればなんとかなる

フリーランスはやる気さえあれば、なんとかなることが多いです。

安定を求めて、会社員に戻るケースも結構あります。

フリーランスで一番難しいのはモチベを維持することなのです。

経験を積んでスキルが身に付くまでそれなりに時間が掛かります。

フリーランスは向き不向きはありますが、得意なことを活かして仕事をしたり

自由度の高い働き方が出来ます。

 

タイトルとURLをコピーしました