捨てて手放すことが運気好転のコツ

 

自分を変えたいと思っていても、なかなか変わらないのは

いらないものを捨てる勇気がないからかもしれません。

捨てて手放すことで運気が良くなり、人生が好転する理由を紹介します。

捨てると運気が良くなる。

人生が変化するときにはデトックスが起こると思っていて、

そういう経験を自分自身も何度もしています。

過去の不要なモノを捨てられないと、今のままでいたいとか執着心に繋がっていきます。

生きていく上で、必要なものというのは意外と少ないのです。

不思議なことに、捨てることで、新しいモノや情報が一挙に入ってくるんですよね。

捨てることは、間接的に与えることにもなるので、良いことだと考えています。

 

いらないモノを手放す

家の中にあるモノが多いと、頭の中もごちゃごちゃしたりして、決断に迷いが出ます。

昔のモノが捨てられないということは、保守的な考え方に繋がるのです。

何年も使っていない、要らない服や本などを捨てることで、スッキリします。

掃除をしたり、収納しやすいようなケースを使うのも良いでしょう。

本はかさばるので、なるべく電子書籍で買ってます。

部屋やトイレを掃除するというのは運気を良くするための基本ですね。

財布は長財布を使っているのですが、2年くらいのスパンで買い換えるようにしています。

既存の価値基準を捨てる

私は〜だとかこうあるべきだとか既存の価値観に縛られていると

なかなか変わることはできません。

たとえば、就職して8時間働くのが普通だとか、自分をよく見せようとしたり..

今まで培ってきたキャラや常識を疑ってみるということです。

世の中の変化により安定した働き方も変わってきています。

人間関係の最適化

ただ、SNSなどで人脈を増やせば良いというわけではなく、

人間関係は取捨選択をして、最適化していくことが大切です。

自分が成長して、ステージが変わると人間関係も変わるのが自然です。

変化の過程において、時には孤独になるということもあるでしょう。

しかしそれは、必要なプロセスです。

信頼できる繋がりが少しあれば、十分だと考えています。

選択肢を減らして行動する

ただ捨てるだけでも良いのですが、やはり何かを得るには行動が大切です。

幸運は、自ら動いて掴みにいくものです。

同時に色んなことをやろうとすると、どっちつかずになりがちなので、

仕事を極めたいなら、他を捨てて作業するという風に選択肢を減らすことで、

やるべきことに注力できるようになります。

タイトルとURLをコピーしました