PR

Webライターとブログそれぞれのメリット

未分類

Webライターやブログを仕事にしていきたいケースは多いと思います。

Webライターとブログ、それぞれのメリットや特徴について紹介してきます。

Webライターのメリット

まずWebライターのメリットとしては、

・働いた分の報酬を得ることが出来る

・文字単価がある

・記事の構成等の基本が身に付く

 

ということでしょう。

 

Webライターというのは、クラウドソーシング系のサイトで記事を書いたりする仕事です。

Webライターの仕事はタスクやプロジェクト案件というのがあります。

文字単価等が決まっていて、働いた分の報酬を得ることが出来るというのが

Webライターのメリットといえるでしょう。

僕はWebライターを少しだけしていた時期もあって、記事の書き方等を学びました。

Webライターをすることで、SEOや記事構成等の基礎が身に付くのでおすすめです。

ライターとしてスキルを身に付けていくには、実践を積んでいくということがポイントです。

量をこなしていくことで、自分の書きやすいジャンルが見えてきたりします。

ジャンルによっても文字単価は変わってきます。

オンライン講座やライティングの本を読んだりするのも良いでしょう。

ブログのメリット

ブログのメリットというのは、

・記事が資産になっていく

・基本的に自由

・自分のサイトを持つことが出来る

・広告を貼ることが出来る

 

ということでしょう。

基本的にワードプレスでブログを運営する場合は、独自ドメインとレンタルサーバーが必要になってきます。

カスタマイズをしたり広告を貼ったりすることも出来ます。

ブログが記事が積み重なっていくので、記事が資産になっていくという特徴があります。

ブログは自分のサイトを持つことが出来て、自由に書けるのがメリットです。

長いスパンで見ると、Webライターよりブログ運営をする方が楽になっていくでしょう。

Webライターでスキルを身に付けてブログに移行するというのもアリです。

Webライターとブログどちらがおすすめ?

これに関しては、どちらもおすすめなのですが早く報酬が得たい場合は、Webライター。

自分のサイトを持ったりして、長期的に運営していきたい場合は、ブログといった感じでしょう。

僕はどちらかというとブログの方が向いていると思っています。

Webライターもブログもそうですが、得意分野を活かしていくというのがコツです。

 

以上でブログとWebライターそれぞれのメリットについて紹介しました。